映画『スノーホワイト/氷の王国』白雪姫の女王に妹がいたから、さあ大変!

© Universal Pictures

エリック、映画『スノーホワイト/氷の王国』より
©Universal Pictures
「白雪姫の物語」は、壮大な物語の“序章”に過ぎなかった!世界中の誰もが知るグリム童話の名作「白雪姫」に大胆なアレンジを加え映画化し、全世界で大ヒットを記録したアクション超大作『スノーホワイト』が、ついに帰ってくる。

鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰?かつて、その美貌と邪悪な力で世界を闇に包んだラヴェンナ女王は、白雪姫=スノーホワイトとハンターのエリックの手によって滅ぼされた。だがラヴェンナ女王には、さらに強力な魔力を持つ氷の女王という妹がいたのだった。

映画『スノーホワイト/氷の王国』あらすじ

全てを凍らせる強力な魔法を放ち、その力によって“氷の王国”を統治するフレイヤ。そして、その力に導かれるように“邪悪な女王”ラヴェンナが復活を遂げる時がきた。ラヴェンナは「久しぶりね。会いたかったわ。」と告げ、再びエリックの前に立ちはだかる彼女は、その輝きを黄金に変え邪悪さと魔力をさらに増している様子。そんな、世界で最も美しく、最も邪悪な姉妹を前に、エリックは幼馴染である戦士のサラと共に再び戦いを挑む。

[スタッフ]
監督=セドリック・ニコラス=トロイヤン
脚本=エヴァン・スピリオトポウロス、クレイグ・メイジン

[キャスト]
クリス・ヘムズワース(“ハンター”エリック)
シャーリーズ・セロン(“邪悪な女王”ラヴェンナ)
エミリー・ブラント(“氷の女王”フレイヤ)
ジェシカ・チャステイン(“戦士”サラ) 
ニック・フロスト

アメリカ映画/114分
原題=The Huntsman: Winter’s War(2016)IMDb
米国公開=2016年4月22日 日本公開=2016年5月27日
配給=東宝東和
公式サイト

【関連記事】
映画『スノー・ホワイト』クリステン・スチュワート版の戦闘“白雪姫”ビジュアル!
クリス・ヘムズワース初来日「こんな歓迎は初めて」成田空港で決めポーズ!
マット・デイモン『アジャストメント』インタビュー
映画『アメリカン・ドリーマー』は「ジェシカ・チャステインが決定打だった」