マット・デイモン『アジャストメント』インタビュー


アジャストメント
©2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画化された『マイノリティ・リポート』、『ブレードランナー』などで全世界に衝撃を与え続けてきた、SF作家フィリップ・K・ディックの短編「調整班/Adjustment Team」(新潮文庫「悪夢機械」所収)をベースにした映画『アジャストメント』の日本公開が5月27日に決定した。

同作は、映画『オーシャンズ12』『ボーン・アルティメイタム』でマット・デイモンと組んだ、脚本家のジョージ・ノルフィが脚本も兼ねて、監督デビューを果たすもの。内容は原作よりも、恋愛色が強くなっているとか。「ボーン」シリーズでCIAや国防総省に対峙したマット・デイモンが、『アジャストメント』では運命に立ち向かうようです。そこで、webの予告編とインタビュー動画をチェック!

映画『アジャストメント』ストーリー

将来有望な若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、ある日エリース(エミリー・ブラント)という美しいバレリーナと運命的に出逢い、一目惚れする。しかし突如現れた”アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”と呼ばれる男たちによって、彼は拉致されてしまう。ビューローの目的は、本来「恋に落ちる予定ではなかった」デヴィッドとエリースを引き離し、「運命の書」に記述された運命に従わせること。混乱するデヴィッドに突き付けられたのは、「この世のすべての運命は、ビューローがすでに決めた運命から逸脱しないよう常にモニターされ、操作されている」という、信じがたい現実の裏側だった。
超人的な能力で運命を操作するビューローに対し、自分の未来を取り戻すべく必死の抵抗を試みるデヴィッド。彼はやがて、ビューローの真の目的と、その背後に潜む更に巨大な力の存在に気付き始める・・・。

映画『アジャストメント』予告編

マット・デイモン『アジャストメント』インタビュー


※▽をクリックするとスタートします。

【ミニ情報】
2月19日発売開始する前売り券の特典は? パワースポット(屋久島・白谷雲水峡)のパワーを注入した「運命表パワーチーフ」が、全国先着5000名に付いてくる。

原題=THE ADJUSTMENT BUREAU
日本公開=2011年5月27日
配給=東宝東和
公式サイト http://adjustment-movie.jp/
©2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD