ダミアン・ジフロン監督「オムニバス映画が成功する秘訣」を明かす

映画インタビュー 映画会見/イベントレポート

ダミアン・ジフロン監督「自己抑制の代償は大きい」
©2014Kramer & Sigman Films / El Deseo
[シネママニエラ]6人の男女が人生において、決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、不運の連鎖に巻き込まれる様をユーモアたっぷりに描いたブラック・コメディ映画『人生スイッチ』のダミアン・ジフロン監督が「オムニバス映画が成功する秘訣」「自己抑制の代償は大きい」という持論を語った。

ダミアン・ジフロン監督「オムニバス映画が成功する秘訣」を明かす

――どのようにして誕生した企画でしょうか

他の普通の脚本に着手していた時にこの脚本を書いたんだ。初めは、これらの話をどうすれば良いか分からなかったけど、4-5作出来てきたところで、これらの作品が同じDNAから来たもの、テーマとしてリンクしていると気付いたんだ。

――タイトルについては?

音楽に例えるなら、この曲たち(1つ1つの話)は、同じアルバム(1つの映画)にフィットする。夜空に例えるなら、一つの星座(映画)の中の星たち(1つ1つの話)のようだと。そして、「人生スイッチ」という名前に思い当った時、それが必要な物だったと感じたんだ。

――今作が母国(アルゼンチン)で高い評価を得て、さらに大ヒットを記録したそうですね

商業的にというだけではなく、芸術的にも、同じような映画で成功した例がないことが1つ問題だったと言えるかな。こういう作品ではお客が呼べないと業界が思っている中で、自信を持ち続けることは困難だった。でも、偉大なプロデューサーに素晴らしいキャストとクルーも皆脚本を信じてくれたんだ。

――各エピソードの順番はどのような意図で決めたのでしょうか

書いた順番になってるんだ。その順番を守ろうと持ったわけじゃなくて、他の順番も考えたんだけど、最終的にはこの順番にしたんだ。カンヌでこの作品を試写した時に、このままが良いと気付いたんだ。発展性があるし、バリエーションにも富んでいる。

――オムニバス映画が成功する秘訣を教えてください

うまくいかない理由の一つは、エピソードごとに監督が違って、制作プロセスの中で話がうまくつながっていないからだと思うんだ。だから逆に、全てのエネルギーをコントロールする人間が1人だったら、成功の確率は高くなると僕は思うよ。>>つづく

R
アルゼンチン、スペイン映画/122分
原題=Relatos Salvajes(2014)IMDb
日本公開=2015年7月25日
配給=ギャガ
公式サイト http://jinseiswitch.gaga.ne.jp/
©2014Kramer & Sigman Films / El Deseo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で