松山×成宮が暴露?!「ふたがしら2」早乙女太一と菜々緒の意外な弱点



[シネママニエラ]俳優の松山ケンイチと早乙女太一が盗賊バディを組むWOWOWの連ドラ「ふたがしら2」の完成披露試写会が9月5日に都内のホールで実施され、松山と成宮寛貴が、早乙女と菜々緒の意外な弱点を暴露した。

左から菜々緒、成宮寛貴、松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督
左から菜々緒、成宮寛貴、松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督

オノ・ナツメ著「ふたがしら」(小学館 IKKI COMIX刊)をベースに、オリジナルストーリーで描く本作。この日は、自分たちの盗賊一味・壱師(読み:いちし)を築いた弁蔵と宗次に扮した主演の松山と早乙女をはじめ、前作より続投する成宮と菜々緒、そして入江悠監督が出席。入江監督は「今回の役作りはいろいろ言わずキャストに委ねた。(脚本家)中島かずきさんの脚本をどう読み込んで芝居に落とすのか見たかった」と話す。

続編だけに、撮影の合間に雑談をする余裕もあったそう。前作「ふたがしら」では俳優3人(松山、早乙女、成宮)の盗賊姿を見られたが、今作では菜々緒も“仕事”に参戦。さらに、花魁(おいらん)姿など七変化を見せていく。

futagashira2_8189

ところが盗賊を率いて先陣を切って走るシーンでの菜々緒の全力疾走が極度に遅いことが現場で判明する。撮影を通じて気心が通じていた成宮が「遅いよ!」とツッコミできるほど。結局撮影は成宮を先頭に変更して撮った。すると「わたしだけ3メートルぐらい遅れちゃいました」と苦笑いの菜々緒。完璧なイメージの菜々緒の意外な弱点には観客からも「えっー」の声が。

そんな菜々緒の入浴シーンには、入江監督が力を入れていたと俳優3名が証言。監督は照れ笑いを浮かべていたが、松山曰く「自宅でゲームをしているうちの息子と(「ふたがしら2」を)見たら、菜々緒ちゃんの入浴シーンには目が釘付けになっていた」と明かし、イチオシのシーンであることを強調する。

そして殺陣を得意とし身体能力が最も高いを思われた早乙女のイメージを覆す弱点?!は4人の中で「最も足が上がらない」こと。さんざんイジられた早乙女だが、時に微笑みを浮かべ、大笑いをこらえきれなくなると天を仰ぎ、無言を貫いた。この記事で「弱点」としたものは撮影の思い出として語られたもの。登壇者の表情から和気あいあいとした現場の雰囲気が伝わってくるものだった。

こちらの記事は速報です。写真は追って掲載します。

WOWOW連続ドラマW「ふたがしら2」は2016年9月17日[土]より放送開始
毎週土曜 夜10:00~ WOWOWプライムにて 全5話(第1話は無料放送)
http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira2/

WOWOW新規お申込・ご加入(ネットからの加入はお得です)

WOWOW連続ドラマW「ふたがしら2」作品情報・場面写真
松山ケンイチ×早乙女太一×入江悠「ふたがしら」でタッグ!
早乙女太一「松山ケンイチに思いきり水をかけた真意」を明かす
松山ケンイチ「ドラマ『ふたがしら』の続編をつくる気満々です」
<北川景子>WOWOW「ヒポクラテスの誓い」解剖の先に隠された闇を解く法医学ドラマ
<吉田羊×永山絢斗×三浦友和>WOWOW「コールドケース」で共演

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD