松山ケンイチ×早乙女太一×入江悠「ふたがしら」でタッグ!

ニュース

WOWOWドラマ「ふたがしら」松山ケンイチ×早乙女太一[シネママニエラ]人気漫画家オノ・ナツメの「ふたがしら」が、松山ケンイチ主演×入江悠監督で連続ドラマ化されることが発表された。WOWOW初登場となる松山ケンイチにとって大河ドラマ「平清盛」以来3年ぶりの連続ドラマ主演となり、「時代劇をやれる機会に恵まれとても嬉しく思います」など抱負を語った。

本作は、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快な騙し合いを描くエンターテインメント時代劇! 明るくて豪放な主人公・弁蔵を松山が演じ、相手役となる色男の宗次役には「100年にひとりの女形」と言われる大衆演劇界のスターの早乙女太一。松山は「太一君とどんなコンビになるのか自分自身とても楽しみにしています」とコメント。

監督を務めるのは入江悠。「僕のような30代の監督にとって、時代劇を撮れる、というのは夢のような話です。子供の頃から観て育った時代劇の面白さを思い出しながら、時代劇の本場・京都で伝統を学び、新しい一歩となるような作品にしたいと思います」と気合十分。なお、脚本は松山や早乙女も客演したことのある「劇団☆新感線」の座付き作家・中島かずきが担当。「ひと癖も二癖もある盗賊たちの策略と騙し合い、二転三転する痛快な展開にご期待ください!」と語り、ファンの期待をあおる。

そんな彼らに原作者も「弁蔵、宗次がどんな風に会話を交わすのか、どんな表情が観られるのか、周りの人物たちとどう渡り合っていくのか、わくわくしながら放送開始を待っております」とエールをおくる。

ドラマ「ふたがしら」あらすじ

豪放な性格の弁蔵(松山)とクールな色男・宗次(早乙女)は、八王子の飛脚問屋で働いていた。彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊の一味で【脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく】のがモットー。しかし、ある夜の事、赤目の頭(かしら)・辰五郎が2人の手を取り「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまう。だが、遺言状は「辰五郎の弟分・甚三郎に跡目を継がせる」と記されていた。納得のいかない2人は、赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。

WOWOW連続ドラマW「ふたがしら」は2015年6月より放送開始
毎週土曜夜10:00~
http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/
©オノ・ナツメ/小学館 ©2015 WOWOW/ホリプロ

WOWOWご加入はこちら → WOWOW 24時間フルハイビジョン 3チャンネル見放題!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で