早乙女太一「松山ケンイチに思いきり水をかけた真意」を明かす

映画会見/イベントレポート

「ふたがしら」完成披露試写会舞台あいさつ[シネママニエラ]俳優の松山ケンイチと早乙女太一が相棒を演じるWOWOW連続ドラマW「ふたがしら」の完成披露試写会が都内のホールで行われ、松山と早乙女をはじめ、共演の菜々緒、そして入江悠監督が、この日のためにしつらえた着物姿で舞台あいさつに登壇した。

本作は、オノ・ナツメ著「ふたがしら」の映像化で、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快な騙し合いを描くエンターテインメント時代劇となる。豪放な主人公の弁蔵とその相方となる宗次が赤目の一味を辞して己の一味を築きあげようとする姿を追う物語だ。

弁蔵(松山)が宗次(早乙女)から水をぶっかけられるシーンに言及。松山は「30年間ふぬけてしまった自分の目を覚まさせてくれるようなかけかたで」と振り返ると、早乙女は「そこで失敗したらもう一回かけないといけないなと。思いっきりぶっかけてやろうと思った」と、その真意を明かした。監督も同シーンについて、「第一話でも宗次が弁蔵に水をかけるシーンがありますけれども、その比じゃないですから」と後押し。松山は「第二話で放送されるので、そこは見どころのひとつです!」とアピールした。

そして、作品の内容に絡めて各自の野望を司会者から問われると、登壇者は続編談義に華を咲かせる場面も。最後に松山は「今作が完成する前から言ってますけど、続編作りたいです!時代劇を見る機会は少なくなっているかもしれませんが、この作品をきっかけに時代劇に接する機会が増えていくといいなと願っています。本作はでっかいことに向かっていく様だとか、その時代の美意識・粋が描かれています」と思いの丈を語り掛けた。>>「ふたがしら」各自のコメントへ

WOWOW連続ドラマW「ふたがしら」は2015年6月13日[土]より放送開始
毎週土曜夜10:00~ 全5話(第1話は無料放送)
http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/
※公式サイトにて特報動画を公開中

WOWOW新規お申込・ご加入(ネットからの加入はお得です)

[amazonjs asin=”4091886817″ locale=”JP” title=”ふたがしら 5 (IKKI COMIX)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で