ジョシュ・クーリー監督「トイ・ストーリー4はウディとバズの友情物語」

映画会見/イベントレポート

ジョシュ・クーリー監督「トイ・ストーリー4はウディとバズの友情物語」

ディズニー/ピクサー「トイ・ストーリー」シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』のジョシュ・クーリー監督とマーク・ニールセンプロデューサーが来日を果たしスペシャルイベントに来場。監督は「トイ・ストーリー4はウディとバズの友情物語」であり、本作の結末について「大変誇りに思っています」と語った。

この日のイベントには日本版声優のウッディ役・唐沢寿明、バズ役・所ジョージ、フォーキー役・竜星涼、一作目から日本版主題歌「君はともだち」を担当するダイアモンド☆ユカイが顔を揃えた。

ジョシュ・クーリー監督「トイ・ストーリー4はウディとバズの友情物語」
ジョシュ・クーリー監督(中央)

ピクサーが守る信念「過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない」に基づいて「語るべき物語がある」からこそ完成した作品だ。

ダイアモンド☆ユカイ「君はともだち」生歌披露!
ダイアモンド☆ユカイ「君はともだち」生歌披露!

マーク・ニールセンは「バズとウディはピクサーにとって重要な意味がある。(本作では)観客の方に再びバズとウディの素晴らしい友情をおみせできる」と話す。

左からダイアモンド☆ユカイ、所ジョージ、マーク・ニールセンP、ジョシュ・クーリー監督、唐沢寿明、竜星涼
左からダイアモンド☆ユカイ、所ジョージ、マーク・ニールセンP、ジョシュ・クーリー監督、唐沢寿明、竜星涼

ジョシュ・クーリー監督は「5年がかりで完成しました。『トイ・ストーリー3』はウディとアンディの物語でした。ウディに関してはまだ物語があるし彼とバズの友情の物語にしました。プレッシャーがあったか?と問われれば「たくさん感じました」と答えています。僕はピクサーに入る前に『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』は観ていて、大好きな作品でした。ですから、そのシリーズに自分が携わることでダメなものにしたくはなかったのです。映画『トイ・ストーリー』では、ウディはバズの登場に、嫉妬して自分の役目が終わると危機を抱いていた。本作の結末は、彼らの友情が鍵となるものですので、この結末を大変誇りに思っています」と語った。

■大人6人でフォーキーをデコレーションしよう!

イベントの後半には、巨大フォークが。これに目や鼻、手をつけてオリジナルのフォーキーをつくってしまおう!という時間が設けられました。唐沢が目、監督が口、プロデューサーが眉とボタンの飾り付け、所は頬とジーンズの描きこみ、竜星と監督がモールで手を、扇子を監督と唐沢がもたせて、完成しました。制作過程を一枚の写真にまとめました。

フォーキー制作過程左上、右上、左下、右下の順
フォーキー制作過程左上、右上、左下、右下の順

このフォーキー[forky]は物語のカギを握る超重要キャラクター。自分をゴミだと思っていることが特徴で、ウッディやバズたちの持ち主の女の子ボニーが幼稚園の工作で、ゴミ箱にあった「先割れスプーン」「モール」などを使って作ったもの。この制作過程で、実はウディが大活躍しているのですが、もちろん当のボニーはそのことを知りません。

オリジナルのフォーキーが完成!
オリジナルのフォーキーが完成!
唐沢寿明さん

「一作目ではウッディがバズに対して嫉妬しているんですよね。本作ではウッディが成長していて、バズも『心の声に従うんだ』とか言って、二人の関係もどんどん変化していました」

所ジョージさん

「唐沢さんは真面目でウッディそのもの。私なんかバズみたいに思い込みだけで生きていて、バズに合わせていってる感じだよ(笑)」

竜星涼さん

「フォーキーは愛嬌があって憎めないキャラクター。映像を見ていて普段の自分じゃだめだと思ったので、生まれたての赤ちゃんのような感覚で声を出すことを心掛けました」

ダイアモンド☆ユカイさん

日本版主題歌「君はともだち」を熱唱後に「歌い続けてきて、歌えば歌うほどこの曲とともに成長し、もはや人生の一部です。歌うほど新しい感動があり大好きな曲です」

映画『トイ・ストーリー4』(ウォルト・ディズニー・ジャパン配給)は2019年7月12日[金]より全国公開
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『トイ・ストーリー4』新キャラ登場!
キアヌ・リーヴス「デューク・カブーンはとても素晴らしいキャラクター」
ダイアモンド☆ユカイ「君はともだち (日本語バージョン)」をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で