映画『沈黙-サイレンス-』(原題 Silence)スコセッシ監督の歴史大作



[シネママニエラ]マーティン・スコセッシ監督の最新作映画『沈黙-サイレンス-』(原題 Silence )の日本公開が2017年に決まった。同作は名匠監督が遠藤周作著の「沈黙」を映画化するとして、これまでも大きな注目を集めてきた。

リーアム・ニーソン、映画『沈黙-サイレンス-』(マーティン・スコセッシ監督)より
Photo Credit Kerry Brown

全編を台湾でロケ撮影した本作は、人間にとって本当に大切なものとは何かを壮大な映像で描いた歴史大作。17世紀の江戸初期の日本を舞台にに、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本にたどり着いた宣教師の視点で綴る。なお、スコセッシ監督と本原作との出会いは遡ること28年前の1988年だという。

脚本はジェイ・コックス、撮影はロドリゴ・プリエト、美術はダンテ・フェレッティ、そして編集はセルマ・スクーンメイカーがつとめる本作。ハリウッドと日本が融合した、映画史を塗り替える作品として大きな注目を集めそうだ。

マーティン・スコセッシ監督(左)とアンドリュー・ガーフィールド、映画『沈黙-サイレンス-』(マーティン・スコセッシ監督)撮影現場にて
Photo Credit Kerry Brown

キャスティングには強いこだわりを見せる名匠だけに、アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバーといったハリウッド俳優をはじめ日本からも窪塚洋介(キチジロー役)、浅野忠信(通訳役)、イッセー尾形、塚本晋也(モキチ役)、小松菜奈(教徒)、加瀬亮(教徒)、笈田ヨシ、中村嘉葎雄ら実力派を起用している。

映画『沈黙-サイレンス-』あらすじ ※非公式

17世紀の日本。ポルトガル人のカトリック宣教師クリストヴァン・フェレイラ(リーアム・ニーソン)は布教地の日本で棄教した。イエスズ会の司祭は潜入目的でセバスチャン(アンドリュー・ガーフィールド)とフランシス(アダム・ドライバー)を徳川幕府の世である日本へ送る。彼らは鎖国政策にともないキリシタンを弾圧するさまを目の当たりにする。
(原題 Silence(2016)IMDb /アメリカ、イタリア、日本、メキシコ映画/185分予定)

映画『沈黙-サイレンス-』(KADOKAWA配給)は2017年より全国公開

公式サイト http://chinmoku.jp/
映画『沈黙』マーティン・スコセッシ×窪塚洋介×浅野忠信の以心伝心
マーティン・スコセッシ監督が来日「3Dのタブーに挑んだ」
塚本晋也監督「危険な地域での撮影は常に緊迫感があった」
映画『ボーダーライン』無法地帯で繰り広げられる最前線の攻防の真実
小松菜奈「100点満点できた」とにっこり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD