塚本晋也監督『野火』第15回東京フィルメックス開幕作品に決定



塚本晋也監督『野火』©海獣シアター[シネママニエラ]塚本晋也監督の映画『野火』が、第15回東京フィルメックスのオープニング上映作品に決定し、「身が引き締まる思いです!」などの心情を語った。

本作は第二次世界大戦末期、フィリピンに攻め込んだ日本兵の彷徨を、田村一等兵の視点で描くもの。原作は1959年に市川崑監督が一度映画化している、大岡昇平著の同名の戦争文学の映画化で、今作では監督・脚本・編集・撮影・出演・製作を塚本監督が務めている。ほか出演者にはリリー・フランキー、中村達也。

第71回ヴェネツィア国際映画祭には日本作品で唯一のコンペティション部門出品作となり、以降もトロント映画祭WAVELENGTHS部門、釜山国際映画祭での上映も決定。世界の注目度は高い。

そんな『野火』の日本での劇場公開は2015年を予定しているため、東京フィルメックスでの上映が国内でいちはやく鑑賞できる貴重な機会となる。監督は「ついに日本のプレミアが決定。何度かここで日本プレミアをさせていただいています。大事に作品選びをする映画祭なので、選ばれるだけでも光栄なのに、今回はましてやオープニング。身が引き締まる思いです!」とコメントを寄せている。

第15回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2014
会期=2014年11月22日[土]~11月30日[日]
会場=有楽町朝日ホールほかにて
公式サイト http://www.filmex.net/

2014年 日本映画/87分
英題=FIRES ON THE PLAIN
日本公開=2015年月日
配給=海獣シアター
公式サイト http://nobi-movie.com/
©海獣シアター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD