織田裕二「株価暴落」で熱血銀行員、本音は悪役希望!

映画で知る世界 映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]俳優の織田裕二が10月7日、WOWOW連続ドラマW「株価暴落」の完成披露試写会舞台あいさつに共演の高嶋政伸、瀬戸康史、板尾創路、石橋凌と出席。檀上では共演者一人ひとりとガッチリ握手を交わしてから質疑に臨んだ織田だが、実は悪役オファーがあることを望んでいるという本音が明かされた。

織田裕二「キター!」池井戸ドラマ

「株価暴落」完成披露試写会フォトギャラリー

本ドラマは、池井戸潤の原作を基に、生殺与奪の権を握るメガバンク内での対立、経営危機に陥りながらもプライドを捨てきれない巨大企業、そこに絡まる連続爆破事件を巧みに交錯させたエンターテインメント作品。登壇者のほかに川島海荷、平山浩行、竜雷太、鶴田真由、石黒賢らが出演している。

主演の織田は初の銀行員・板東洋史役。「台本を一読したとき、板東はものすごくハッキリとものを言う人という印象だった。でも、読み込んでいくうちに、企業内の一つの歯車として、誰も言わないことを言うしかない。いわなければならない立場だと悟った。撮影中は息苦しい思いを毎日していました」と振り返った。

そんな織田が「一度は演じたみたいがオファーがない」と吐露したのが、審査部の板東と対立する企画部副部長の二戸哲也だ。いわゆる悪役ポジション。演じた高嶋は「毒蛇みたい。獲物を仕留められるけど、自分が襲われる懸念もある」と二戸を分析しつつ、「織田さんの坂東というキャラが出来上がっていたおかげで二戸というキャラが成立した」と感謝する。

ところが、高嶋が「撮影前に織田さんが3回ほど僕の夢に出てきて……」と恨み節。台詞をド忘れした高嶋が内心あせっていると、織田に「誰?次だれ?」とプレッシャーを与えられたのだと明かした。その状態で初共演となる本作のクランクインを迎え「緊張した」と心情を吐露。それなのに現実で、織田とトイレにいくタイミングが同じだったことを語り、僕以外にトイレで台詞をつぶやく人が!と習性を暴露。トイレで一息ではなく、緊張感が持続されたと、緊張話に終始した。

この日は、タイトルにちなんで共演者の株が上がった、下がった話を展開する場面も。けれども、悪役希望の本音をもらした織田に対して、「織田さんが悪役だったら怖いだろうなぁ」とポツリとつぶやく登壇者がいたところ、暗黙で同意する面々。織田の悪役に興味を抱かずにはいられないところだが、まずは本作の熱血銀行員の織田を存分に堪能してほしい。

WOWOW連続ドラマW「株価暴落」は2014年10月19日[日]より放送開始
毎週日曜夜10:00~ 全5話(第1話は無料放送)
公式サイト http://www.wowow.co.jp/dramaw/kabuka/

WOWOW新規お申込・ご加入(ネットからの加入はお得です)

[amazonjs asin=”B00TS4LMPQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”連続ドラマW 株価暴落 Blu-ray BOX”]

[amazonjs asin=”B00LUI3IGO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”株価暴落”]

[amazonjs asin=”416772801X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”株価暴落 (文春文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で