成宮寛貴が監督に「うそつき!」と映画初日にお茶目発言

映画会見/イベントレポート 溺愛×偏愛シネマ
映画『ばかもの』初日舞台あいさつ
(左から)成宮寛貴、内田有紀、金子修介監督

[シネママニエラ]芥川賞作家・絲山秋子著の代表作を完全映画化した、映画『ばかもの』が12月18日に公開初日を迎え、金子修介監督、W主演の成宮寛貴、内田有紀による舞台挨拶が有楽町スバル座で行われた。難役に挑んだ成宮は、「10年間を演じることが自分に出来るのか?」と悩んだが、撮影前に監督と交わした約束――「順番通りに撮るから安心して」が、現場で反故になったことに対し、お茶目に「嘘つき!」と発言し、会場の笑いを誘った。

同作は、気ままな大学生(成宮)と、強気な年上の女(内田)の10年愛を軸に、生きること、愛することの哀しみと歓びを描く究極のラブストーリー。配役は、金子監督が原作を読んで一番に浮かんだ2人に決定した、とのこと。

監督は「内田さんは以前から注目していて。『キャッツアイ』を見たときに“僕が撮った方が良かったんじゃないか”と思いました(笑)。また、成宮さんも前から注目していました。先ほどの話にもありましたが、最初は「10年間を順番通りに撮るから安心して」って約束したんです。凄く演じ方を迷っていたので。そしたら、そんな風に撮れなくて・・・」と、まさかの恐縮気味に。というのも「2人の絆や演技力が1個の結晶となる姿を現場で最初に見れました。それを作っていって、足りない部分を足したりして、楽しい充実した演技合戦というか、本当にお互い火花が散っているような現場だったので、僕にとっても幸せな現場でした」と付け加えた。

成宮寛貴

「ヒデというキャラクターは、最初は額子という美しい女性に惚れて、器の小さい若者なんですけど、それから10年経って、やっと対等に額子を支えることが出来るようになるまでを演じたので、なんかこう「頑張れ、頑張れ!」と思って演じていたし、応援したくなるような可愛いやつだと思いました。10年間を行ったり来たりして撮ったので、監督とどうするかを話し合い、台本を読み直しながら撮りました」

内田有紀

「今回は壮絶なラブストーリーですし、原作が凄く素敵なのでそれに負けずに、余すところなく伝えていきたいという思いが凄く強かったので、こうやって成宮君と芝居が出来て、相手役を演じてもらって、凄く甘えてましたね。撮影の間には、色々な話をしたし、撮影がないときも「成宮君どうしてるのかな?」って考えてました。私は、ヒデよりも額子の方が、ヒデを愛していたと思っているので、出来れば私が(成宮君を)大きく包みこんで、一緒にやりたいと思っていましたが、逆に成宮君に助けられましたね」

最後に、3人のお気に入りシーンは?
金子監督「ラストシーンです」
成宮「額子を背中から抱きしめているシーン」
内田「私は入浴シーンですね」
ということでしたが。筆者も作品を拝見したところ、どれも印象的で素晴らしいシーンでした。今、おすすめの恋愛映画と言えます。

日本公開=2010年12月18日
原作=絲山秋子『ばかもの』(新潮社刊)
配給=ゴー・シネマ
公式サイト http://www.bakamono.jp/
©2010「ばかもの」製作委員会

[amazonjs asin=”B004OVDIPU” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ばかもの DVD”]

◆原作はこちら

[amazonjs asin=”410130453X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ばかもの (新潮文庫)”]

2010年12月19日 掲載
2015年03月02日 更新

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で