オールブラックスが『MIB』に扮したNZ航空の機内安全ビデオが話題に

ニュース

機内の安全確保支援について 依頼を受けるリッチー・マコウ主将(左)、 ダン・カーター選手(右)
提供=ニュージーランド航空
[シネママニエラ]ラグビーニュージーランド代表のオールブラックスが、映画『メン・イン・ブラック』(略称 MIB )に扮したニュージーランド航空の機内安全ビデオが完成した。

俳優のトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスとの師弟コンビがエイリアンと対峙するMIBエージェントに扮したSFアクションコメディ映画をベースとしており、安全ビデオでは主役のエージェント2名として、オールブラックスのリッチー・マコウ主将とダン・カーター選手が出演している。ほかにもスティーブ・ハンセン監督、そしてチームメートのキーラン・リード選手、ケヴェン・メアラム選手、サム・ホワイトロック選手も。なかでもイズラエル・ダッグ選手はニュージーランドのミュージシャンであるスタン・ウォーカー氏と一緒に、ラップのボーカルにも挑戦している!

またカメオ出演も豪華。俳優のリップ・トーンは映画『メン・イン・ブラック』のチーフ役として、元オーストラリア代表でW杯優勝経験者デイヴィッド・キャンピージ選手、ワールドカップ初優勝時のイングランド代表主将マーティン・ジョンソン選手、元アルゼンチン代表主将アグスティン・ピチョット選手など。

制作に全面協力したソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントのエマニュエル・ボード エグゼクティブ・バイス・プレジデントは「創造的なコンセプトと、オールブラックスと『メン・イン・ブラック』の共通点を引き出した点が、とても巧みです。『メン・イン・ブラック』の世界をユニークに再現しようとしたニュージーランド航空をサポートできて楽しい経験でした」とコメント。

選手たちはこのビデオ撮影を大いに楽しんだそうで、マコウ主将は、「セットではたくさんの笑いが飛び交い、イズラエル・ダッグ選手の隠れた歌の才能には驚きました。もしイズラエルがラグビーでうまくいかなくなっても、明らかにバックアップシンガーとして有望です」と話す。

機内安全ビデオ「メン・イン・ブラック×オールブラックス」編

ニュージーランド航空

1940年設立の国際航空会社。 ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟している。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社。
公式サイト http://www.airnewzealand.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で