映画『ブリッジ・オブ・スパイ』のトム・ハンクスは完璧!



映画『ブリッジ・オブ・スパイ』撮影現場にて
©Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
[シネママニエラ]スティーヴン・スピルバーグ監督が新作映画『ブリッジ・オブ・スパイ』で4度目のタッグを組んだ主演俳優のトム・ハンクスについて、「彼は完璧な配役だった」と絶賛。トム・ハンクスもスピルバーグ監督を「天才的なレベルに我々普通人を招いてくれるコラボレーター」だと敬うなど“ドリームコンビ”のコメントが明らかになった。

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告編

実話に基づく本作は『シンドラーのリスト』や『アミスタッド』同様に、スピルバーグ監督の渾身作。トム・ハンクス扮する普通の弁護士ドノヴァンに与えられたミッションは、敵地の東ベルリンで自国と敵国のスパイ交換交渉を成し遂げること。判断を誤れば即射殺という緊迫した状況のもと、ドノヴァンの孤立無援の闘いを捉えていく。

インターナショナルプレミアは、物語の舞台となったベルリンの地で催された。会場はウーファ・パラスト・アム・ツオーは、1919年に開業された歴史ある映画館だ。

スティーヴン・スピルバーグ監督

「コーエン兄弟たちが書いた脚本が素晴らしく、すべてが繊細な出来事の積み重ねだったので、セリフがわずか2行しかない役や、最も小さな役でさえも、細心の注意を払わなければならなかった。豪華なアンサンブルキャストが実現した、本当に素晴らしい作品になったと思います。
(再び不安な時代を現代は迎えているが各国のリーダーにメッセージは?)人道的危機に関する世界中で起きている状況には、思いやりをもって対処すれば、世界はもっと良いものになるということは常識だと感じています。思いやりの心というのが薄れて行ってしまっている様にも感じています。思いやりがあるのはどの国なのか、助け、受け入れようという気持ちがある人々は誰なのか、生き延びて行くために助けを必要としているのは誰なのか、私はこういったことに注目します。そういうことを意識し、思いやりを持ち、自分の思いに従って行動しなくてはなりません」

トム・ハンクス(主演 ジェームズ・ドノバン役)

「本作ではスピルバーグ監督のベストを期待してもらえると思います。彼の作品では、ロボットやエイリアンを扱ったものが最高だと思われているようですが、彼のベストは人間を扱った題材なんです。この映画は『シンドラーのリスト』や『アミスタッド』、そして前作『リンカーン』といった作品に匹敵するものです。人間が驚異的な状況を切り抜けていく様を描くスピルバーグ監督の能力は、他の惑星からやってきたエイリアンを描写する彼の能力と同じくらいすばらしい。
スピルバーグ監督と一緒に仕事をするのは今作で4作目になるけれど、彼は、その天才的なレベルに我々普通人を招いてくれるコラボレーターであると思います。「君はどう思う?何か良いアイデアはあるかい?」とよく聞かれます。僕に電話してくれるというだけでも、自分は恵まれていると考えているんです」

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ

1950~60年代、アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦が世界を二分して対立し、一触即発の冷戦状態にあった。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、東西に分裂していたベルリンに赴き、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった…。

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(20世紀フォックス映画 配給)は2016年1月8日[金]よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD