<錦戸亮主演×吉田大八監督>映画『羊の木』初タッグ

ニュース

[シネママニエラ]俳優の錦戸亮(関ジャニ∞)が、吉田大八監督の最新作となる映画『羊の木』で主演をつとめることが発表された。錦戸をはじめキャスト・スタッフのコメントを全文掲載

映画『羊の木』(吉田大八監督)制作発表のキャスト写真
©2018『羊の木』製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社

本作はギャグマンガ界の巨匠・山上たつひこ(原作)といがらしみきお(作画)の2人がタッグを組み、漫画界が驚嘆した問題作「羊の木」(講談社イブニングKC刊)がベース。2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した。ある港町が元受刑者を受け入れることを制定するが、それによる問題点・人間の心理を赤裸々に描く。脚本も手がけた吉田監督は、原作を大胆にアレンジし、全く異なる新しいエンディングを用意した。

錦戸は主人公のお人よしな月末一(つきすえ はじめ)役で、市役所職員で犯罪者の受入を担当する。月末の同級生・文(あや)に木村文乃。そして、新たな人生を始めようとする元殺人犯役には北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平の6人。

錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平のコメント
吉田大八監督・プロデューサー、原作者のコメント

映画『羊の木』あらすじ

さびれた港町・魚深市(うおぶかし)に移住してきた見知らぬ6名の男女。ごく普通の市役所職員・月末一は彼らの受け入れを命じられた。時を同じくして、月末が想いを寄せ続ける同級生・文も魚深へと帰郷していた。この6人の移住者は、何かがおかしい。落ち着かない言動、尋常ではない佇まい、不審な同行者。月末は衝撃の事実を知る―彼らは新仮釈放制度により自治体が身元引受人となって出所した元受刑者であり、全員に殺人歴がある。そして、この事実は知られてはならない。異物を受入れた町と人々の日常の歯車がにわかに狂い始める。
(日本映画)

映画『羊の木』(アスミック・エース配給)は2018年全国公開

公式サイト http://hitsujinoki-movie.com/
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
吉田大八監督「女優・宮沢りえは一言で言い表せない」
青木崇高「猛暑で水着姿の中、木村文乃は汗ゼロ?!」
北村一輝、映画『猫侍 南の島へ行く』台湾プレミアで熱烈歓迎うける
優香「セクシーさを精一杯表現した」
ネコみたいな?!市川実日子「荻上演出は感覚キャッチボール」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で