昆夏美×山崎育三郎 ディズニー映画『美女と野獣』吹替版でベルと野獣役に決定!

映画会見/イベントレポート

主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる映画『美女と野獣』(原題 Beauty and the Beast )プレミアム吹替版の制作が決定しヒロインのベル役は、ミュージカル界の“新世代の歌姫”昆夏美が決まり、野獣役の山崎育三郎、それに岩崎宏美、村井國夫、吉原光夫、藤井隆、成河、小倉久寛、濱田めぐみ、島田歌穂、池田優斗という総勢11名によるキャスト発表会が開催された。

昆夏美、山崎育三郎らが名曲「美女と野獣」を披露
名曲「美女と野獣」を生披露

発表会では、本作を代表する名曲「美女と野獣」の生歌パフォーマンスを披露。会場に圧巻のハーモニーを響かせた。11名そろっての生歌披露は今回が最初で最後だという。途中、ビル・コンドン監督からのビデオメッセージ「日本の皆さん こんにちは 「美女と野獣」監督のビル・コンドンです。本作はエマ・ワトソンやダン・スティーヴンスら豪華キャストが出演しますが引けをとらないプレミアム吹替版キャストの声を聞いてとても興奮しています。特別な吹替版になると確信しています。私も楽しみにしています」が届き、昆をはじめキャストたちは喜びの声をあげた。プレミアム吹替版キャスト本人コメントは以下にて。

昆夏美(ベル役)

幼い頃から『美女と野獣』の大ファンで、本作の実写版の上映が決まってエマ・ワトソンがベル役を演じるときいたときから、いちファンとして早く観たいと思っていました。今私がこの作品にたずさわれることが大変光栄です。ベルはディズニーのヒロインの中でも自立した強いキャラクターなので、そういう部分も考えながら収録に臨みたいです。世界中の女性にとって、本作の音楽やベルの黄色いドレスは憧れの象徴だと思います。その世界観が実写映画としてどう描かれるのか私も楽しみにしつつ、「プレミアム吹替版キャスト」11人みなさんとがんばっていきたいです。

山崎育三郎(野獣役)

この作品は単なる実写映画ではありません。今後100年語り継がれるエンターテインメントになります。そして本作の野獣は、今まで語られることのなかった悲しい生い立ちや繊細な部分などが描かれており、男性にも注目していただきたいです。このステージにいるミュージカル界のスーパースター11名で、『美女と野獣』をつくれることに感動しています。2017年最高のエンターテインメントをみなさん楽しみしていてください!

岩崎宏美(ポット夫人)

ディズニーの作品に参加させていただくのは夢の一つでした。ポット夫人は私の年齢にも近いですし、とても楽しみながらできる役だと思いあす。この年齢になってまだ勉強するんだという自分を見つけた時には、意欲も湧いて、素晴らしい仕事に出会えたと思います。可愛らしいベルにあたたかい気持ちを送りながら、ポット夫人役をがんばりたいです。

村井國夫(モーリス役)

ディズニー作品は「ダンボ」や「バンビ」など白黒の頃から見てきたので、そんなディズニーの『美女と野獣』に参加できて、大好きな俳優ケヴィン・クライン(モーリス役)の役の吹替を担当できて光栄です。これからがんばって、父親役としてベルをたくさん愛して演じたいと思います。

吉原光夫(ガストン役)

劇団四季で『美女と野獣』のガストン役をやっていたので、本作はすごく思い出深い作品です。今回のガストン役では、人間らしさや欲深いものを出して演じていきたいと思います。

映画『美女と野獣』プレミアム吹替版キャストが即興ポーズ
即興のポージングも決め!
藤井隆(ル・フウ役)

この素晴らしいメンバーに入れていただいて光栄ですし、自分でも「なぜなんだろう」と思っています。ディズニーの作品は愛している方がたくさんいらっしゃるので、粗相のないように精一杯、いろんな方に教えていただいて、ガストンを盛り上げていきたいです!

成河(ルミエール役)

ルミエールはディズニー映画に欠かせない、見ているひとすべてに愛していただけるような大好きな役なので、大切に演じていきたいです。時計に変わってしまったコグスワースの小倉さんと一緒に、素晴らしい作品を盛り上げていけるようにがんばります。

小倉久寛(コグスワース役)

わたくしごとながら、結婚式の披露宴の入場曲が『美女と野獣』のテーマでした。この作品には並々ならぬ思いがあり、20年間頭から離れたことがないぐらいなので、今回かかわらせていただけて光栄です。こんな豪華なメンバーの中に入れていただいて感動しています。20年間の思いを込めて演じさせていただきますので、できるだけたくさんのみなさんに観ていただきたいです。

濱田めぐみ(マダム・ド・ガルドローブ役)

私は劇団四季で『美女と野獣』のベル役でデビューさせていただき、そのときからずっとこの作品は、私の中で切っても切り離せない、自分が帰るべき場所、思い出の宝箱の中に入っているひとつの宝石のような作品でした。今回ご縁があってマダム・ド・ガルドローブ役を演じさせていただきます。素敵なキャストのみなさんとともに、素敵な魔法をかけられるようにがんばりたいと思います。

島田歌穂(プリュメット役)

『美女と野獣』の歴史的な実写映画に、素晴らしいキャストのみなさんと参加させていただいて胸がいっぱいです。プリュメットは羽ぼうきに姿を変えられた女性の役ですが、羽のように軽やかに、奔放に、ちょっとセクシーに、精一杯演じさせていただきます。

池田優斗(チップ役)

やんちゃなチップのイメージを大切にして演じたいです。よろしくお願いします!!

映画『美女と野獣』あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか。

映画『美女と野獣』(ウォルト・ディズニー・ジャパン 配給)は2017年4月21日[金]より全国公開
映画『美女と野獣』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

【関連記事】
美女と野獣 (原題 Beauty and the Beast ) – 映画日本版予告編
ディズニー映画<エマ・ワトソン×ダン・スティーヴンス>版『美女と野獣』初日決定
予告編で観る!今週の映画ランキング
映画公開カレンダー2017年

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で