豊川悦司「いらっしゃーい!」桂文枝の真似を生披露!

ニュース

俳優の豊川悦司が5月18日、阿部寛主演の映画『のみとり侍』の初日舞台挨拶に出席し、同作に出演の六代目桂文枝の「いらっしゃーい!」のモノマネを振り付きで披露して会場を爆笑させた。

阿部寛と豊川悦司、映画『のみとり侍』初日舞台挨拶にて
阿部寛と豊川悦司

エリート藩士・小林寛之進(阿部)が、藩主の指示により「蚤(のみ)とり」に左遷されたことをきっかけに町人たちとの交流を描いていく。原作は 小松重男著「蚤とり侍」(光文社文庫)。

本作で田沼意次を演じた、六代目桂文枝といえば、テレビ番組内で使う名台詞「いらっしゃーい!」はあまりに有名。この舞台挨拶イベントでは、関西出身の豊川が意外な一面を見せたのだった。大阪キャンペーンの感想を聞かれた際に、呼吸を整えてから名台詞の完全再現を試みて、見事観客の心を鷲掴み! 観客は豊川がそういうモノマネをする意外さの驚きから、じわじわと笑いはじめ、そのあとドッと声をあげて大笑いになった。

阿部は「今の「いらっしゃ~い!」に衝撃を受けました(笑)」と苦笑い。というのも、過去に阿部自身も(スタッフを相手に)真似たそうだが「僕の時は全然誰も笑ってくれなかったんです」とポツリ。本格的な共演が初めてという豊川のセンスに脱帽の様子だった。

そんな豊川が「(本作で)阿部寛と言う俳優の役者魂を見ました。なんでもできちゃうんですね!」と称えて笑顔を見せれば、阿部は「また今後も共演よろしくお願いします!」と同じく笑顔で返していた。

映画『のみとり侍』(東宝 配給)は2018年5月18日[金]より全国公開
©2018「のみとり侍」製作委員会

映画『のみとり侍』公式サイト http://nomitori.jp/
のみとり侍(阿部寛主演×鶴橋康夫監督・脚本) – 映画予告編
阿部寛、映画『のみとり侍』幕前口上を披露!
阿部寛『のみとり侍』初日にシャンパンの祝杯!
原作 小松重男著「蚤とり侍」(光文社文庫)をAmazonで購入する

[amazonjs asin=”B07G2QK2QX” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”のみとり侍 Blu-ray豪華版”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で