アレハンドロ・アメナーバル『リグレッション』公開へ

ニュース

『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督の8年ぶりとなる長編サスペンス映画『リグレッション』(原題 Regression )の日本公開が決まった。主演はイーサン・ホーク。ヒロインはエマ・ワトソン。

アメナーバル×イーサン・ホーク×エマ・ワトソン『リグレッション』公開
映画『リグレッション』(原題 Regression )ティザービジュアル
© 2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

1980年から90年初頭、アメリカでは悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され、多くの人々がパニックと疑惑の渦に巻き込まれ、社会問題となった。本作は90年代のアメリカ・ミネソタを舞台にして実話から着想を得て作られたという。

ブルース・ケナー刑事(イーサン・ホーク)は、父親による虐待を訴えた少女アンジェラ(エマ・ワトソン)の事件を担当するが、訴えられた父親も訴えた少女も、どこか記憶が曖昧だった。ケナー刑事は、事件の真相解明の為、著名な心理学者(デヴィッド・シューリス)の協力を仰ぐことに。少女の記憶を探っていくうち、ケナー刑事は、この事件がただの家庭問題ではないことに気付き、街の各地で起こる他の事件との関連を疑い初めるのだが・・・。

映画『リグレッション』(ポニーキャニオン 配給)は2018年9月15日[金]より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
© 2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

映画『リグレッション』あらすじ

謎に包まれた少女暴行事件。真実は彼女の“記憶”の中。1990年、アメリカ・ミネソタ。刑事のブルース・ケナーは、父親の虐待を告発した少女アンジェラ・グレイの事件を取り調べる。驚くべきことに、訴えられた父は、記憶がないにも関わらず罪を認め、ケナー刑事は著名な心理学者の協力を仰ぐことに。アンジェラの記憶をたどりながら事件の真実を追うケナー刑事は、やがてこの町に秘められた恐るべき巨大な闇に迫っていく。(2015年/スペイン、カナダ映画/スコープ/5.1ch/106 分 字幕翻訳 加藤リツ子)
製作・監督・脚本 アレハンドロ・アメナーバル  音楽 ロケ・バニョス |出演 イーサン・ホーク、エマ・ワトソン、デヴィッド・シューリス、デヴィッド・デンシック、デイル・ディッキー、ロテール・ブリュトー、デヴォン・ボスティック 

映画『リグレッション』予告編

© 2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E  

映画『リグレッション』公式サイト http://regression.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で