映画『インモータルズ -神々の戦い-』(原題:IMMORTALS)が2011年11月11日公開に

ニュース

映画『インモータルズ -神々の戦い-』日本版ポスター
©2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.
[シネママニエラ]映画『インモータルズ 神々の戦い』が、2011年11月11日に全世界一斉公開されることが明らかになった。本作は、監督が『ザ・セル』、『落下の王国』のターセム・シン、『300<スリーハンドレッド>』の製作スタッフが集結し、神々の壮絶な戦いを描いた3Dアクション・スペクタクル超大作!

アートの頂点を極め、映像の魔術師として知られる映像作家ターセム・シンとグラフィック・ノベル映画化した『300<スリーハンドレッド>』を世界的なヒットに導いたジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンの製作陣が手を組み、ギリシア神話を題材にした空前絶後のアクション・スペクタクル超大作を誕生させた。

―世界を創ったのは神。滅ぼすのも神。―意味するのは・・・

タイトルの“インモータルズ”とは、「不死の存在」であり、ギリシア神話に登場する神々のこと。その頂点に君臨するオリンポスの主神ゼウスは、人類の平和と繁栄がいつまでも続くことを願い、地上の営みを見守り続けてきたが、そんな彼の不安をかきたてる男が出現する。ギリシアを滅ぼし、世界を支配しようともくろむハイペリオンだ。彼の蛮行を食い止めるべく、ゼウスが選び出したのは、自らの手で鍛え上げた人間テセウスだった。

恐怖も死も苦痛も敗北も嘲笑も恐れない、真の勇者の資質を持つテセウス。巫女の予言を通じて自らの使命を知った彼は、わずかな仲間を率いてハイペリオンの強大な軍隊に雄々しく立ち向かっていく。そんなテセウスを助けるために奇跡を巻き起こすアレス、ポセイドン、アテナらオリンポスの神々たち。しかし、戦いをしぶとく生き延びたハイペリオンは、オリンポスの神々によって地底に封印された闇の神、タイタン族を復活させてしまう。かくして始まる光の神(オリンポスの神々)VS闇の神(タイタン族)の想像を絶する戦い。果たして、このバトルを征するのは誰なのか!?

独自の映像センスにダイナミックでパワフルなタッチも加わった今回のターセム・シンの世界観を支えるのは、『ザ・セル』『落下の王国』に続いて衣装デザインを手がけた日本人ビジュアル・アーティストの石岡瑛子。俳優陣にも注目の顔ぶれが揃った。救世主の宿命を負った人間の勇者、テセウスを演じるのは、来年公開予定の『Man of Steel』でスーパーマン役に大抜擢されたヘンリー・カヴィル。テセウスの運命と深く関わる巫女のパイドラには、『スラムドッグ$ミリオネア』のヒロインとして脚光を浴びたフリーダ・ピント。テセウスの宿敵である邪悪な王、ハイペリオンには、『レスラー』でハリウッドの第一線にカムバックを遂げたミッキー・ローク。

天界の王ゼウス役に『三銃士』のルーク・エヴァンス、テセウスと行動を共にする仲間スタブロス役に『SOMEWHERE』のスティーヴン・ドーフと、芸達者な面々が脇を固めている。さらに、ポセイドン役のケラン・ラッツ(『トワイライト』サーガ)、アレス役のダニエル・シャーマン、アポロン役のコリー・セヴィエールなど、次代のハリウッドを担うイケメン・アクターが、オリンポスの神々に扮して肉体美を披露しているのも見逃せません。

【南的見所はココ】声良し、芝居ヨシ、肉体美もーなゼウス役のルーク・エヴァンス!

原題=IMMORTALS
日本公開=2011年11月11
配給=東宝東和
公式サイト
©2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B008MIV66Y” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”インモータルズ -神々の戦い- Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で