横浜流星「階段島の美しさと詩的な台詞」に自信

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

横浜流星「階段島の美しさと詩的な台詞」に自信

俳優の横浜流星が主演映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会に、飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁とともに上映後の観客の前に揃って登場した。

横浜流星「階段島の美しさと詩的な台詞」に自信
横浜流星「階段島の美しさと詩的な台詞」に自信

本作は河野裕著の青春小説シリーズの映画化。横浜は「原作ファンの方には階段島の美しさ、その世界観を監督がつくってくださった。それから詩的な台詞に魅力がある」と語り、特に「詩的な台詞でハッとさせられ考えさせられるので、ナチュラルに言えるように相談して工夫した」という。とはいえ、「最初はうまくキャッチボールできませんでした。お芝居を素直に受け止めて返すのではなく、七草は一度落とし込むので、そのワンクッションが大変でした」と振り返った。

劇中で横浜は悲観主義者の七草役を、飯豊は理想主義者の真辺役を演じた。横浜は「感情を抑えこみあまり表に出すタイプではないので、どちらかといえば七草タイプ」だと自らを分析すれば、飯豊は「横浜さんは私とは正反対です。私自身は悲観主義ではなくて、目標を口に出すタイプです」と同意した。

左から柳明菜監督、神前暁、松岡広大、黒羽麻璃央、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松本妃代、中村里帆
左から柳明菜監督、神前暁、松岡広大、黒羽麻璃央、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松本妃代、中村里帆

共演の感想を聞かれ、飯豊は「(横浜は)なにを投げても、きれいにポーン!と返してくれる」と独特の表現で印象を述べ、さらに「絶対的に受け入れてくれると信じられる。なにかで迷っても、正しい道に導いてくれるなと思いました。そこは真辺の想いとシンクロしました」といった信頼感を明かした。

横浜と飯豊は、撮影時は天候に恵まれたそう。七草と真辺の雨のシーンは本当に雨が降り、その後もタイミング良く雲がはけていき、奇跡的に青空がのぞいたことを振り返る一幕も。このことについて柳監督は「映画の神様」に恵まれたのだと言い表した。これには鑑賞したばかりの観客が驚きの声をあげていた。

横浜流星「僕は二面性があります!(笑)」
横浜流星「僕は二面性があります!(笑)」

また、クロストークをするなかで横浜、飯豊、矢作、松岡が同級生であると、この日公の場で“初”めて明かしたそう。ちなみに横浜と矢作、飯豊と松岡がクラスメイトだということも。矢作が横浜には「陰と陽がある」と素顔を明かせば、横浜が「僕は二面性があります!(笑)」と即座に応じるなど、同級生ならではの息の合った掛け合いも見られた。松岡は「流星は温泉に入ると笑顔になる」という知られざる一面を補足し、会場は大いに沸いた。

イベントの最後に、横浜は「観る度に感じ方の変わる映画なのでネタバレなしの感想を公式SNSに寄せて欲しい」とアピールした。

左から松岡広大、黒羽麻璃央、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松本妃代、中村里帆
左から松岡広大、黒羽麻璃央、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松本妃代、中村里帆

こちらは速報です。写真は追って更新します。→追加しました。映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会フォトギャラリー

映画『いなくなれ、群青』(KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ配給)は2019年9月6日[金]より全国公開
©河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

映画『いなくなれ、群青』予告編

©河野裕/新潮社 © 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
※Salyuによる主題歌「僕らの出会った場所」入りの予告編です

映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会フォトギャラリー
『いなくなれ、群青』実写映画化!横浜流星「七草を丁寧に演じた」
『いなくなれ、群青』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)をAmazonで購入する
横浜流星2020年カレンダー 限定絵柄生写真付をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で