岡田将生と榮倉奈々を抱きしめたくなる映画『アントキノイノチ』

映画会見/イベントレポート

8月10日、映画『アントキノイノチ』の完成記者会見がホテルニューオータニで行われ、キャストの岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、松坂桃李、そして瀬々敬久監督が登壇した。

岡田将生と榮倉奈々を抱きしめたくなる映画『アントキノイノチ』
映画『アンオキノイノチ』完成会見 左から瀬々敬久監督、松坂桃李、岡田将生、榮倉奈々、原田泰造

本作は、生きることに絶望を感じた男女が遺品整理業という職に就き、遺されしモノに触れ、命の重さを再認識し、生きる勇気を取り戻す様を描く感動作。映画『精霊流し』『解夏』『眉山』に続く、さだまさし著の同名小説の映像化、第4弾となる。主題歌は、「GReeeeN」の新曲「恋文~ラブレター~」に決定している。

岡田将生と榮倉奈々を抱きしめたくなる映画『アントキノイノチ』

完成作を観た原田は「岡田君と榮倉さんを抱きしめたくなる」と2人の演技を絶賛、なおかつ「手前味噌ですが、その2人を見守る役柄の自分のことも抱きしめたくなりました」とコメントし会場の笑いを誘った。すると今度は瀬々監督が「原田さんは佇まいが役者」だと嗟嘆。第35回モントリオール国際映画祭のコンペティション部門に出品される本作、映画『おくりびと』に次ぐ朗報も期待できそうだ。

主人公は心に傷を負った杏平(岡田)とゆき(榮倉)。2人は生き残った人の苦しみや悲しさをも体現していくという。

岡田は「タイトルだけ聞くとコメディ映画だと思う方もいるかもしれませんが、命というテーマをとても大切に描いた作品」だと述べると、瀬々監督も「人と人のつながりや命の大切さが伝わっていけば」と作品に込めた思いを吐露した。小説のモデルとなった遺品整理業の現場を実際に体験したという岡田、榮倉、原田。その経験が「役作りの基になっている」ことも強調した。

そして撮影を振り返るもキャストが口にするのは、強面(こわもて)な瀬々監督のことばかり。「怖い人かと思っていたが、僕が泣くシーンで監督も泣いていたのを見て『いい監督だなぁ』と思った(岡田)」、「『カット!』って言いながら、カメラの向こうで鼻水を垂らして泣いていたりして、皆で監督を応援しようと思い深い絆が生まれと思う(榮倉)」と、つながりを強調。

それでいて、榮倉が「私は監督に名前を覚えてもらう事が最初の目標でした(笑)。撮影中、明らかに私の方を見ながら『岡田さん!』って呼びかけられた事がありまして、名前を覚えてもらえたのはクランクアップの1週間前くらいではないかと思います」というトホホ話に。監督は「僕の世代は岡田奈々がいまして…」と釈明。さらに松坂が「僕と岡田君の方を見て『松岡くん!』って呼び掛けてきた事がありまして、岡田君と『どっち?』って顔を見合わせてしまいました」というエピソードも飛び出した。とはいえ松坂は「監督はロケハンの時に骨折したそうなんです。でも、険しい山の上での僕ら(岡田&松坂の)撮影シーンは、怪我をおして山に登ってくれていた」のだと改めて感謝の言葉を口にした。

『アントキノイノチ』―あの時の命―
日本公開=2011年11月19日
配給=松竹
©2011映画「アントキノイノチ」製作委員会

岡田将生&榮倉奈々、映画『アントキノイノチ』で遺品整理業に!撮影現場写真を初公開
公式サイト antoki.jp
アントキノイノチ Blu-rax スタンダード・エディション Blu-rayをAmazonで購入する
アントキノイノチ (幻冬舎文庫)をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で