土屋アンナ、象のランディに大興奮!

映画会見/イベントレポート

土屋アンナと象のノランディ[シネママニエラ]8月29日、映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』公開記念として、 “We are all connected”アニマルプレミアを六本木ヒルズアリーナにて開催。土屋アンナ(歌手・モデル)、アニマル浜口(平成23年度日本オリンピック強化スタッフ)、山本梓(タレント)、佐々木主浩(プロ野球解説者)、あびる優(タレント)、ドランクドラゴンの鈴木拓と塚地武雄(お笑い芸人)、猫ひろし(芸人)、獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク(プロレスラー)、森泉(モデル・タレント)、JUNO(歌手)、プリンセス天功(イリュージョニスト)が登壇した。

同作は、撮影日数のべ3,000日、総製作費35億円をかけたBBC史上最大のネイチャードキュメンタリー。子供の第一歩をサポートする親の姿や、自分の命を犠牲にしてまで子を守る愛、また独自の知恵と技によって生き抜く術など、迷い無くまっすぐに生きる動物たちの姿に、生きることの意味、そして素晴らしさを教えられる感動の超大作。この日のゲストは、同作に賛同した各界著名人や動物好きの方々。ステージ上では、映画を観た感想や、それぞれに感じた「生きるって何?」というメッセージを語った。そして、動物型に切り抜かれたメッセージボードに直筆でしたためたものを、ステージ上のパネルに埋め込んだ。

動物好きで知られる土屋アンナは、アジアゾウのランディと共に登場! このランディは、映画『星になった少年』に出演していた、あの象。ステージでは大きく鼻を上げると、会場からは大きな拍手と歓声が沸いた。

土屋アンナは、「出る前から一緒にいて、とにかく目が可愛い! それより、ここにゾウのランディちゃんがいることがすごい! ランディちゃんに拍手!」と興奮ぎみにコメント。そして本作については「動物が好き。触れ合う姿はものすごい繊細だなと思った。すごい考えさせられる映画だった。まだまだ知らない事がいっぱい。人間って小さいいきものだなと思った。だからこそ、動物を大事にしていきたいと思いました。」と語り、なおかつ「生きることは死ぬこと。死ぬことは生きること。だから、命あるものすべてを大切にしよう」というメッセージを残した。

原題=ONE LIFE
日本公開=2011年9月1日
配給=エイベックス・エンタテインメント
©BBC EARTH PRODUCTIONS (LIFE) LIMITED MMXI. ALL RIGHTS RESERVED.

[amazonjs asin=”B0063BH0HQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ライフ -いのちをつなぐ物語- Blu-Ray スタンダード・エディション”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で