クロエ・モレッツ主演作『HICK-ルリ13歳の旅』11月24日公開決定!

ニュース

[シネママニエラ]映画『キック・アス』のヒットガール役で海外のみならず、日本でも大人気を誇る女優クロエ・グレース・モレッツ初の単独主演作『HICK-ルリ13歳の旅』が、11月24日から日本公開されることが決定した。

邦題にある「HICK」とは、田舎者、うぶな人、カモといったことを意味し、13歳の誕生日に居場所を無くしたヒロインのルリが、旅の過程で傷つき騙され大人になっていく様子を現している。


ヒットガール×イットガールが共演!

いまやマーティン・スコッセッシ監督作などに出演する、ハリウッドで引っ張りだこの天才女優クロエ・グレース・モレッツ、彼女の初の単独主演作となるのが本作だ。

退屈な田舎町での生活から抜け出し、夢の地ラスベガスに向かう13歳の少女が、旅の道中で様々なトラブルや厳しい現実に直面し、傷つきながらも、瑞々しく成長を遂げていく様を綴った、ファンタジックな青春ロードムービー。また、「ゴシップガール」で全世界女性の憧れとなった注目の“イットガール”のブレイク・ライブリー、ジュリエット・ルイス、エディ・レッドメイン、アレック・ボールドウィンなど豪華キャストが結集したことも話題となっている。

『HICK-ルリ13歳の旅』映画予告編 [2012/10/11up]

『HICK-ルリ13歳の旅』ストーリー
アメリカ中西部、荒廃した農村地帯に住む、13歳のルリ(クロエ)はTVの映画鑑賞と絵を描くのが大好きな女の子。トラブルを抱えた両親はろくに相手にしてくれず、友達もいない彼女は孤独で退屈な日々を送っていた。ある日、母親と父親が続けて、何も言わず蒸発、一人取り残されたルリは、誕生日プレゼントにもらった拳銃スミス&ウェッソンの45口径を手に、憧れの地ラスベガスに向け旅に出る。童顔で片足が不自由な流れ者の青年エディ(エディ)の車を幸先よくヒッチハイクしたが、次第に態度が豹変していく彼に怖くなり車を降りる。そんなとき、どこか悲しげでセクシーな女性グレンダ(ブレイク)と出会い、車に乗せてもらう。2人は絆を深めながら、西に向かって車を飛ばすが……。

原題=HICK
日本公開=2012年11月24日
配給=アニープラネット
公式サイト
©2011 BY HICK PICTURE COMPANY LLC.All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00A7PQIH2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”HICK ルリ13歳の旅 DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で