ブルース・ウィリス×ジョセフ・ゴードン=レヴィット「賢い内容の素晴らしい映画」

ニュース

映画『LOOPER/ルーパー』ジョセフ・ゴードン=レヴィット
©Copyright 2011, Looper, LLC
[シネママニエラ]ブルース・ウィリス×ジョセフ・ゴードン=レヴィット競演のSFアクション・エンタテインメントムービー『LOOPER/ルーパー』の日本公開が、2013年1月12日に決定した。

北米公開を9月28日に控え、現在開幕中のトロント国際映画祭ではオープニング作品として、華々しくお披露目さた同作。プレミア上映に先立ち、開催された公式会見にはブルース・ウィリス、ジョセフ=ゴードン・レヴィット、エミリー・ブラント、ライアン・ジョンソン監督が参加した。ブルースは「これはほかのどのSFとも比較できない、今までにない映画。脚本も練られていて、とても賢い内容だ」と魅力を語り。ジョセフも「この映画は娯楽を与えつつ、その後に何か考えさせる素晴らしい映画だ」とコメント。

本作が初のお披露目となるプレミアでは、上映を待ちわびる満席の観客の前に、ライアン・ジョンソン監督とジョセフ・ゴードン=レヴィットが登場。ジョセフは「今回、初めて一般の人にこの映画をみてもらう機会なので、興奮が抑えられない!」とコメントし、観客を沸かせた。また、上映後もスタンディングオベーションが起きていた。映画『BRICK/ブリック』『ブラザーズ・ブルーム』のジョンソン監督の代表作の一つとなるに違いない。

映画『LOOPER/ルーパー』あらすじ

近未来、タイムマシンの使用は禁じられていたが、犯罪組織は法の目をかいくぐり、消したい標的を30年前に暗躍するルーパー(暗殺者)の元に送り、始末させていた。ある日、凄腕ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ある男が送られてくる。なんとその男は“30年後の自分”(ブルース・ウィリス)だった。

現代の自分VS.未来の自分。そんな新たなSFアクションエンタテインメントがここに誕生。若手とベテランの実力派俳優ふたりが、自分対自分として対決するという世界観の中で展開する、予測不可能なストーリー。そし最後には、驚きの結末が!

原題=LOOPER
日本公開=2013年1月12日
配給=ギャガ、ポニーキャニオン
公式サイト
©Copyright 2011, Looper, LLC

[amazonjs asin=”B00CD1YI8O” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”LOOPER/ルーパー Blu-ray”]

◆ライアン・ジョンソン監督はこの作品で注目されました!

[amazonjs asin=”B000VKNMGI” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”BRICK‐ブリック‐ DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で