ジブリ、ナウシカほか21作キャラクターが巨大壁画で揃い踏み!

ニュース
イオンシネマ浦和美園
イオンシネマ浦和美園

[シネママニエラ]1988年公開の『火垂るの墓』『となりのトトロ』から25年を迎えるスタジオジブリの歴代キャラクターが巨大壁画となって全国のイオンシネマに登場することが発表された。

本年は7月20日公開、宮崎駿監督の『風立ちぬ』、今秋公開、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』と、年間2作品を連続で公開するという、まさにジブリイヤーに先駆け、1984年公開の『風の谷のナウシカ』から全21作品のキャラクターが描かれた巨大壁画を全国26か所のイオンシネマ(現在のワーナー・マイカル)に、7月1日より掲示することが決定した。

一枚の絵にキャラクターが勢ぞろいしているものはジブリとしても初の試みだという。約30年にわたるジブリ作品のキャラクターや名シーンが、最も大きい壁画のある「鈴鹿」では、縦3.8メートル、幅26メートルにわたり鮮やかに蘇える。※劇場により掲示サイズは異なる。

また、これを記念して掲示初日の7月1日、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーを迎え、新装イオンシネマ浦和美園で除幕式を行うことも決定した! ※浦和美園の壁画サイズは、縦横20.4×40.8メートル。

鈴木プロデューサーは「各キャラクターの下に年号がはいっているので、その頃自分は何をしていたのか、だれとその作品を見たのか、映画館で映画を見ながらそんな話をするきっかけになってくれたら嬉しいです」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で