映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』戦犯裁判放送の裏側を描く

©Feelgood Films 2014 Ltd.
現在は本国の公式サイトへのリンクです。日本版が提供され次第、差し替えます

[caption id="attachment_23519" align="alignright" width="212"]映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』(ポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督)日本版ポスター ©Feelgood Films 2014 Ltd.[/caption]映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』(原題 The Eichmann Show)は、ナチスドイツが犯した大罪ホロコーストの蛮行を暴いた、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを裁く【世紀の裁判】を撮影し、その映像をテレビで放送することで全世界に「ホロコーストの真実」を伝えるため、史上初となる一大プロジェクトの計画と実現に奔走する、名もなきテレビマンたちの実話。

主演は人気ドラマシリーズ「SHERLOCK/シャーロック」でベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロックの相棒、ワトソン役でおなじみのマーティン・フリーマン。本作では、革新的で野心家な若手プロデューサー、ミルトン・フルックマンを演じ、新しい一面を見せた。

映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。「ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか」――テレビプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、【世紀の裁判】を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは?

[amazonjs asin="B01IR4DI6S" locale="JP" tmpl="Small" title="アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち Blu-ray"]

映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』フォトギャラリー

[gallery columns="4" ids="23519"]

画像をクリックするとフォトギャラリーになります

[スタッフ]
監督=ポール・アンドリュー・ウィリアムズ『アンコール!!』
脚本=サイモン・ブロック
[キャスト]
マーティン・フリーマン、アンソニー・ラパリア、レベッカ・フロント

イギリス映画/96分
原題=The Eichmann Show(2015)IMDb
英国公開=2015年1月20日
日本公開=2016年4月23日
字幕翻訳=松岡葉子
配給=ポニーキャニオン
公式サイト http://eichmann-show.jp/

映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』日本版ポスター

映画『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』日本版ポスター ©Feelgood Films 2014 Ltd.
【関連記事】
『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』英国BBC放送特別編
映画『サウルの息子』強制収容所の悲劇の部隊ゾンダーコマンドの奔走を描く
大林宣彦監督「映画は平和を未来に伝える手紙」と映画の持つ力に言及
単独犯による『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の知られざる真実を明らかに
クリムト作『黄金のアデーレ』オーストリアのモナリザ奪還の実話