大林宣彦監督「映画は平和を未来に伝える手紙」と映画の持つ力に言及



大林宣彦監督『あの日の声を探して』は日本人が今観なくてはいけない映画
大林宣彦監督
[シネママニエラ]大林宣彦監督が「戦争を記憶し、伝えるためにこそ、映画は発明された。人間が人間らしく生きるための切実な“糧”だ。必見!」とコメントした、ミシェル・アザナヴィシウス監督の最新作『あの日の声を探して』を基に、「映画は平和を未来に伝える手紙」と、改めて映画の持つ力に言及した。

日本人が今観なくてはいけない映画

大林監督ご自身が経験された戦争体験を現代にも伝え続けていかねばならないという想いがあるゆえ、同作を日本人が今観なくてはいけない映画だと評価する。「(映画監督のおふたり)高畑勲や山田洋次と仲がよく、三人揃って戦争体験をしているわけなんだけども、僕らはその戦争体験を伝えていかなければいけないねと思っているわけです。世界のティーチ・インイベントで、必ず最初に『貴方の戦争体験は?』という質問がでる。それは素晴らしい質問で、それを聞けば監督が作品込めたメッセージや正体が全部わかってきます」

同作の注目ポイントについて、「(オリジナル作品とされる)フレッド・ジンネマン監督の映画『山河遥かなり』は戦争が終わって三年目の映画です。『山河遥かなり』のラストは離れ離れとなった親に再会し抱き合うというハッピーエンドで終わる。当時は戦争が終わったばかりで、ラストシーンが甘いという批判もでた。だけど、彼自身ユダヤ人で、実際に両親をホロコーストで殺され、一人で生き残ったという経験をしている。そんな彼だからこそ例え夢のようでも、ご都合主義だといわれても、そういった結末が、自分を含め多くの人の心を救うのだと、切実な想いで描いたのだろうと今は理解できるのです」と解説。

そして「ミシェル監督もユダヤ系のフランス人なんですね。この映画はただ殺戮を描きたかったわけではない。普通のロック好きの少年がちょとしたきっかけで軍に入れられ、次第に人を殺すようになる。戦争というものがどんなに人間を殺人鬼にしていくかということが描かれいます。それは現代を生きる人間としての重要なテーマです。ロシア兵が村の人々を殺すところをビデオカメラで撮影しているシーンから始まるのですが、実際にビデオカメラを回しているはミシェル監督自身なんです。これも重要なこと」だと分析。>>つづく

フランス・グルジア映画/135分
原題=THE SEARCH(2014) IMDb
日本公開=2015年4月24日
字幕翻訳=寺尾次郎
配給=ギャガ
公式サイト http://ano-koe.gaga.ne.jp/
©La Petite Reine / La Classe Américaine / Roger Arpajou

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD