俳優マシュー・マコノヒー記念日認定に「初めての僕の日」と興奮!

ニュース

認定書を手にした俳優マシュー・マコノヒー[シネママニエラ]マシュー・マコノヒー主演の映画『インターステラー』の日本の公開初日である「11月22日」が「マシュー・マコノ日(ヒー)」として、日本記念日協会によって認定された。マシューは「僕にとって初めての僕の日。アリガトウ!」と喜びのコメントを寄せた。

映画『インターステラー』LAプレミア

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』でエイズ患者を演じ、第86回アカデミー賞にて主演男優賞を受賞。ハリウッドでいま最も旬な男のひとり!

この認定書がロサンゼルスに居る当人の元に届けられたのは10月26日(現地時間)のこと。マシュー・マコノヒーは日本語で「アリガトウ!」と大感激。「自分の名前で自分の日ができるのなんて、今まで一度もなかったよ。僕の誕生日は、ちょうど11月なんだよね。僕にとって初めての僕の日。とても光栄な事です」と終始興奮。「これから(11月)22日をどうしようか考えなくちゃね。なにか日本を表現できるものがいい。たとえば着る洋服でこの日を祝うとか、それか、日本に毎年電話をかけるとか。僕が何をしているか、何処にいるかを知らせるのもいいね。日本での僕の日にね」と提案するほど。

映画『インターステラー』配給元のワーナー・ブラザース映画は、マシューの提案を絶賛検討中だとか。

監督のクリストファー・ノーランは「映画に入りこまれるようなスリリングな気持ちと、感動的な気持ちを抱いてくれると思う」と本作の魅力を語った。特に主演のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの涙なしには語れない迫真の演技に、再びアカデミー賞を受賞するのでは?!という声も多々。マシュー・マコノヒーは、「ノーランを筆頭に我々が蒔いて長年かけて耕してきた種が、やっと実になり、収穫できた。一切後悔することがなかったほど、やりきった感はあったよ」と改めて本作への自信を伺わせた。

映画『インターステラー』は、2014年11月22日[土]より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

原題=INTERSTELLAR
全米公開=2014年11月7日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://www.interstellar-movie.jp/
©2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【おまけ】日本記念日協会によるハリウッド俳優に対する認定は、2006年10月6日の俳優トム・クルーズのトムの日(10月6日)以来。
一般社団法人日本記念日協会 http://www.kinenbi.gr.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で