橋本愛『リトル・フォレスト』で初のベルリン国際映画祭へ



橋本愛[シネママニエラ]女優の橋本愛が主演する映画『リトル・フォレスト』が、来月開催される第65回ベルリン国際映画祭キュリナリー・シネマ部門に正式招待されたことがわかった。上映時には、森淳一監督と橋本が渡独する予定で、本日喜びのコメントを寄せた。

映画『リトル・フォレスト 冬・春編』予告編とあらすじ

五十嵐大介の同名人気コミックを原作を基にして、『夏・秋編』『冬・春編』という二部構成の映画にした。監督は、映画『重力ピエロ』の森淳一監督が監督と脚本を兼務。女優の橋本愛が演じる主人公のいち子が、故郷の山村に帰り、自給自足の生活をしながら、生きる力を充電していく物語。

出品の一報を受けて、橋本は「日本ならではの美しい景色や四季の移ろいを、主人公・いち子の人生と重ね合わせて描いた作品です。2013年から2014年の東北を記録した映画でもあります。海外の皆さんにも豊かな気持ちになって頂き、楽しんでご覧頂けると嬉しいです。初めての海外映画祭参加を楽しみにしています」と心待ちにしている様子。

また、この朗報を森監督は「歴史ある国際映画祭に招待していただくこと、光栄に思います。『リトル・フォレスト』は世界の人々に観てもらいたいという思いの強い作品です。一年を通して頑張ってくれた俳優、スタッフ、厳しい冬を迎えている岩手の人々の想いをスーツケースにつめて、ベルリンの地で、日本の美しい四季や東北地方の自然の恵みを紹介してきたいと思います」と受け止め、さらなる意欲を見せている。

同部門は、世界三大映画祭のひとつである同映画祭が9年前の第57回より映画祭の目玉として新設、世界各国より「食」にまつわる良作を選出し上映するものであり、映画関係者だけでなく世界中の美食家からも注目されている。映画祭の会期は2015年2月5日[木]から15日[日]まで。

日本公開=2015年2月14日
配給=松竹メディア事業部
公式サイト http://littleforest-movie.jp/
©リトル・フォレスト製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD