ブロムカンプ監督『チャッピー』主人公はAI搭載の人型ロボット



映画『チャッピー』[シネママニエラ]難民エイリアンと人類の対峙を描いた映画『第9地区』、未来の格差社会を鋭く描いた映画『エリジウム』のニール・ブロムカンプ監督の新作は、ヨハネスブルグを舞台に成長するAIを搭載した人型ロボット・チャッピーを主人公にした原点的な野心作!

チャッピーを演じるのは、ニール・ブロムカンプ監督の盟友ともいえる俳優シャールト・コプリー。そして、チャッピーを開発するディオン役に映画『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテル、チャッピーに敵対するロボット開発者ヴィンセント役をヒュー・ジャックマン、チャッピーの人工知能を危険視する軍事企業のロボット開発責任者役にシガニー・ウィーバーが参戦。

映画『チャッピー』あらすじ

2016年、南アフリカのヨハネスブルグに、世界でただ一体の感じ、考え、成長するAI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオンは極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。しかし、ストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれてしまう。

メキシコ、アメリカ映画/120分(予定)
原題=Chappie (2015) IMDb
日本公開=2015年5月23日
全米公開=2015年3月6日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト http://www.chappie-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD