ベン・ウィショー主演『追憶と、踊りながら』【予告編で旬映画】

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『追憶と、踊りながら』日本版ポスター
© LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014
[シネママニエラ]英国俳優のベン・ウィショーが、2013年にスクリーン・デイリー紙の明日のスターに選ばれたホンカウ監督とタッグを組んだ映画『追憶と、踊りながら』がまもなく日本公開となる。英国ロンドンを舞台にした愛の物語。自身がゲイであることをカミングアウトしたベン・ウィショーが、今作でゲイの役に臨んでいることでも注目を集めており、その繊細な感情表現は高く評価されている。

映画『追憶と、踊りながら』予告編

カンボジア生まれでロンドンで活躍する英国期待のホン・カウ監督は本作で、自身の母への想いを重ね合わせた、長編第一作。挿入歌は李香蘭(山口淑子)の名曲♪「夜来香」。英国ロンドンを舞台に初老の中国人女性とイギリス人青年の交流を描くイギリス映画。言葉も文化も異なる二人をつなぐのは美しい記憶だけ。俳優のベン・ウィショーの誠実な演技が多くの観客を惹きつける。

映画『追憶と、踊りながら』あらすじ

カンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)は英国ロンドンの介護ホームで、ひとり暮らす。英語ができない彼女の唯一の楽しみは、優しく美しく成長した息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会にくる時間。しかしカイは、自分がゲイで恋人リチャード(ベン・ウィショー)を深く愛していることを母に告白できず悩んでいた。そして訪れる、突然の悲しみ。リチャードはカイの友人を装ったまま、ジュンの面倒を見ようとするが……。

映画『追憶と、踊りながら』は、2015年5月23日[土]より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

イギリス映画/86分
原題=Lilting (2014) IMDb
配給=ムヴィオラ
公式サイト http://www.moviola.jp/tsuioku/
© LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014

[amazonjs asin=”B0187Z1BH0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”追憶と、踊りながら DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で