山﨑賢人×坂口健太郎「桐谷美玲の素の変顔もキュート!」

映画会見/イベントレポート

桐谷美玲、映画『ヒロイン失格』完成報告記者会見
制服姿の桐谷美玲
[シネママニエラ]桐谷美玲×山﨑賢人×坂口健太郎の3名による笑って泣けてキュンとする恋愛映画『ヒロイン失格』が完成し6月21日には、お台場ヴィーナスフォート内にある教会広場で完成報告記者会見が行われ、劇中で使用したオリジナルの学生服姿で登壇した。山﨑と坂口は、桐谷が劇中で見せる変顔について「キュート!」と褒めたものの、「割と素で変顔してる時もある」という素顔を暴露。桐谷は「とまどった時とかに自然と変顔しちゃう」と認めていた。

映画『ヒロイン失格』製作決定

そんな3名が現場を振り返り、桐谷が「大変だったのは池ポチャのシーンですね。三月の始めのころのまだ寒い時期に、池に落ちる前に水鉄砲をさんざん浴びた上に、最後は池に落とされるというシーンで、実際に落ちたら、体ってこんなに寒さで動かなくなるんだと思いました(笑)」と語る。すると山﨑も「僕も寒かった。鉄製の歩道橋は氷の上に座ってるみたいで、だんだん足がブルブルしてきちゃって」と話すと、桐谷が「その時から『バンビ』と呼ばれてました(笑)」と山﨑の愛称を明かした。

この日は、メガホンを執った英勉監督も制服を着て登場したが、キャストからは「意外と制服が似合っちゃってて出落ちじゃなくなっちゃってる」とイジられるも、その場はスルー。しばしのちに「監督って偉いんですよ。俺を引き立て役につかうなんて。ものすごい扱いを受けています」とぼやいていた。本作は幸田もも子著の人気コミックを実写映画化。主題歌「トリセツ」を担当するのは歌姫・西野カナだ。

桐谷美玲(松崎はとり|まつざき・はとり 役)

「ヒロイン失格は原作が大好きで、いつか実写かされた時には自分がはとりを演じたいと思っていたので、念願が叶って嬉しい気持でいっぱいです。いつも自分が出演した作品はドキドキして冷静に見られないんですが、今回は特に思い入れがあったので見終わるまですごいプレッシャーがありました。でも見終わったらちゃんと「ヒロイン失格」の世界が出来ていて、ハッピーになれる映画になっていたので、やっとほっとできました。安心しました。すごく良く出来ていたと思います」
「制服はいつぶり(で着たのか)かわからないぐらい。ちょっと恥ずかしい反面、嬉しくて、この格好でお買い物をしたりしました。高校生だと皆思ってくれてるんじゃないかと思うと楽しくて。でも出来上がったものを見てギリギリアウトかもしれないと。」

山﨑賢人(寺坂利太|てらさか・りた 役)

山﨑賢人、映画『ヒロイン失格』完成報告記者会見
制服姿の山﨑賢人
「どこか人を信用しきれない、つかみどころがない、不思議な感じが利太が魅力的に見えたりするのかなって思っています。決してかっこいいことをしているわけではないんですが、駄目っぽさが逆に守ってあげたくなる。なのでそんな駄目っぽさみたいなところを演技にも入れていけたらと思いました。撮影がすごく楽しかったです。実際に見てみても、退屈なところが一つもなくて、笑えて、登場人物がそれぞれ特徴的で、色んなものがつまっていて、すごくキュンとしました。(お客さんが持ってくださっている紙に)すでにはとりとか、利太とか、書いてあって、皆が知ってくれていて嬉しいです。公開まであと100日をきったので、早く見てもらいたいです。(制服着用について)今日のおしゃれポイントはパーカーですね。利太の象徴です。これを合わせるとちょっとやわらかい雰囲気になります」

坂口健太郎(弘光廣祐|ひろみつ・こうすけ 役)

坂口健太郎「桐谷美玲は素で変顔してる時もある」
制服姿の坂口健太郎
「(撮影現場では)監督が楽しいことが好きなので、その日急に出てくる台詞のやりとりなんかが見ていて楽しかったです。弘光は相手のことを少しからかったり、チャラく見られがちなんですが、はとりに対して一途な弘光もいるんです。監督とはこのあたりを深く掘り下げていきました。女性に対しての接し方は利太よりも慣れている感じですね。男から見てもかっこいい感じのイメージになるように演じました。はとりってすごく色んなものに対して正直で、僕にも利太にも持っていないものを持っている。そんなはとりがキュートだなと思いました。映画はコメディあり、感動ありで、こんなにおもしろいのに、感動するなんて見終わった後に不思議な感覚になりました」

英勉監督

恋愛映画『ヒロイン失格』の撮影を振り返る「皆、何も言わなくても演技が的確!最初にみんなと色々話せたのが良かったと思いました。桐谷さんとは役について激論ですよ!(笑)色んな変わった事もやってもらいましたが、バシッとやってくれました。桐谷さんは根性のすわった男気のある女優さんです。賢人はいいやつ。おもしろいシーンがあると、ぼけたがりだから、すごくぼけたがる。それを止めるのが大変だった(笑)。坂口は、本当にかっこいい。撮影以外でもさらっとキメてる。そして芝居の中でもキメてる(笑)スッと横に入ってくるんですよ。僕の心の隙間に入ってくる。ほれてまうやろ! 三人が仲良くやってくれていて、それが本当に嬉しかったです」

日本公開=2015年9月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

[amazonjs asin=”B019FOXQJS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ヒロイン失格 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で