【溺愛×偏愛シネマ】『ザ・ファイター』二人三脚で世界の頂点を目指す!

溺愛×偏愛シネマ
クリスチャン・ベール
実在のボクサーを演じるクリスチャン・ベール

[シネママニエラ]キャストの好演により、本年度の賞レースに参戦中の伝記映画「THE FIGHTER」の邦題が、『ザ・ファイター』に決定し3月26日より全国順次公開が決定した。監督は、『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。出演は、マーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオといった実力派が揃っている。

主人公のミッキーを演じたマーク・ウォルバーグは、激しいボクシングシーンを披露。また、大幅に減量をし、髪の毛を抜き、歯並びを変えるという驚異の役作りで、薬物中毒の元実力派ボクサー・ディッキーを怪演したクリスチャン・ベール。来たる1月16日(現地時間)に受賞発表となる、ゴールデン・グローブ賞でのノミネートの他、既に22の助演男優賞を受賞しており(1月13日現在)、2011年アカデミー賞助演男優賞の最有力候補として注目を集めています。

映画『ザ・ファイター』ストーリー

異父兄弟のディッキー(クリスチャン・ベール)とミッキー(マーク・ウォルバーグ)は、共にプロボクサー。
兄のディッキーは才気溢れるボクサーだが、短期で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。一方、弟のミッキーは、真面目な性格ながら才能に恵まれず、一度も勝利を収めることが出来ない。
ある日、ディッキーが投獄されてしまうことに。どん底まで落ちた兄の姿、そして断絶する兄弟の絆。2人が目標としていた世界チャンピオンなど、夢のまた夢だと思われた。しかし、ディッキーは監獄からも弟にエールを送り続ける。そして迎えた兄の出所。ミッキーは兄ディッキーを再度トレーナーに迎え、ふたたび二人三脚で世界の頂点を目指し始める。

原題=THE FIGHTER
日本公開=2011年3月26日
配給=GAGA
公式サイト
©2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

[amazonjs asin=”B00GSGAKNC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ザ・ファイター スペシャル・プライス Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で