実写映画『パディントン』イメージソングにAIの「ハピネス」



映画『パディントン』(ポール・キング監督)
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™,
Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
[シネママニエラ]ロングセラー児童小説「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した映画『パディントン』の日本公開が決まり、特報映像が届いた。

映画『パディントン』ポップでキュートなポスタービジュアル解禁

もっとも紳士なクマを主人公にした、マイケル・ボンド著のシリーズは、世界40か国語で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇る。イギリスの首都・ロンドン。ペルーのジャングルの奥地からパディントン駅にやってきたのは、真っ赤な帽子を被った小さな紳士。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・その紳士がクマだから!

パディントンの声を担当したのは、映画『007 スペクター』のベン・ウィショー。ブラウン一家には、ドラマ「ダウントン・アビー」の英国伯爵グランサム役で日本でもおなじみのヒュー・ボネヴィル、映画『ブルー・ジャスミン』のサリー・ホーキンス。さらに、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセントにニコール・キッドマンという豪華キャストが集結。製作は、『ハリー・ポッター』の全シリーズ、『ゼロ・グラビティ』を手掛けたデヴィッド・ハイマン。『ハリー・ポッター』シリーズのジュリー・ウォルターズやジム・ブロードベントも出演している。

[スタッフ]
監督=ポール・キング
製作=デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作=マイケル・ボンド
[キャスト]
ベン・ウィショー(声の出演)
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン

イギリス、フランス映画/95分
原題=Paddington (2014)IMDb
日本公開=2016年1月15日
字幕翻訳=岸田恵子
配給=キノフィルムズ
公式サイト http://paddington-movie.jp

2015年08月07日 掲載
2015年08月12日 更新[特報差替え]
2015年09月01日 更新[日本版ポスター]
2015年10月05日 更新[場面写真5点]
2015年11月11日 更新[予告編動画|イメージソング決定]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD