瀬戸康史が柳楽優弥にキュン「寡黙なイメージだが実はボケたがり」

映画会見/イベントレポート

柳楽優弥、瀬戸康史からのモントリオール土産を身に着ける
柳楽優弥、瀬戸康史からのモントリオール土産を身に着ける
[シネママニエラ]俳優の瀬戸康史が9月26日、柳楽優弥とのW主演映画『合葬』の初日舞台あいさつに登壇し、「柳楽くんはボケたがり。一見寡黙なイメージがあるのに、ボソっとボケて、『今ボケましたぜ』という顔をする。そのギャップにキュンとします」と話した。登壇したのは柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音、オダギリジョー、小林達夫監督の5名。

瀬戸康史「仏語スピーチに緊張」モントリオール初訪問で観光・散策!

瀬戸は今作のモントリオール世界映画祭のコンペティション部門上映時に渡加しており、この日、共演者それぞれに自身でセレクトしたお土産を手渡した。

本作では杉浦日向子著の原作を基に、 幕末に最後の将軍・徳川慶喜と江戸の町の治安を目的に結成された「彰義隊」に身を投じ、懸命に生きた若者たちを描く。小林監督は「京都の撮影所で、ベテランのスタッフに囲まれ力を借りながら、撮影しました。伝統と新しい感性の融合が画面から表れていればと思います。昔の名作と呼ばれる時代劇をたくさん観てきて憧れていました。いざ自分で撮ろうと思うと難しいところがたくさんありました。それでも自分にしか出来ないものを作ろうと思いました」と心情を吐露した。

瀬戸は、共演者の意外な一面を問われ、「(岡山)天音くんは役柄ぴったりで、勢いがある。柳楽くんと木刀で戦うシーンではセットを壊してたぐらい(笑)」だと語ると、岡山は「殺陣の練習は当日だけだったので、テンパっていっぱい壊してしまいました(笑)彰義隊を演じるみんなからは“破壊神”というあだ名を付けられました。苦い思い出です」と神妙な面持ちに。

そして柳楽について「ボケたがり。一見寡黙なイメージがあるのに、ボソっとボケて、『今ボケましたぜ』という顔をする。そのギャップにキュンとします」と明かした。そんな柳楽は現場で「監督から『カリスマ性がほしい』と言われまして…意識して出せるものじゃないです(笑)」と役作りを振り返った。さらに「僕の高校時代のカリスマはオダギリジョーさんです!」と話し、当のオダギリからは「目が泳いでいるから嘘でしょ?(笑)」とイジられる一幕があった。

映画『合葬』(松竹メディア事業部配給)は本日より公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で