ディズニー映画『ズートピア』は動物の楽園が舞台!



[シネママニエラ]ディズニー映画『ズートピア』(原題 Zootopia )のコンセプトアートが明らかになり、未だ謎の多い動物の楽園である大都会ズートピアの世界観が垣間見られる。

映画『ズートピア』コンセプトアート(バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督)
©2015 Disney Enterprises, Inc.

映画『ズートピア』作品情報・予告編

映画『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーから、最高にユニークな動物たちの“楽園”を舞台に贈るファンタジー・アドベンチャーが誕生。「誰もが何にでもなれる」この理想の楽園を舞台に“夢を信じる”新米警官のウサギのジュディが、“夢を忘れた”キツネで詐欺師のニックと共に楽園に隠された驚くべき事件に挑んでいく!

ディズニーのイマジネーションの原点である動物たちが2016年─ディズニー・アニメーションの新たな歴史をつくる! 昔から誕生に欠かすことが出来ない存在が動物。時には、ヒロインの友だちや相棒となり、時には、主人公となって私たち人間が知らない壮大な世界を見せてくれた。

そんな動物たちがディズニーのイマジネーションによって新たな解釈で誕生したのが動物たちの楽園を描くズートピアなのだ。肉食も草食も、大きいのも小さいのも平和に共存する大都会は、人間も顔負けのハイテクな動物による文明が発達した社会。

ヒットメーカーのジョン・ラセターが本作の製作総指揮。監督は、今だ根強い人気を誇る映画『塔の上のラプンツェル』を手掛けたバイロン・ハワードと、大ヒット映画『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア。ディズニー・アニメーション第三黄金期の勢いを加速させた実力派の製作陣が集結した。その幕開けを楽しみにしたい。

映画『ズートピア』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 配給)は2016年4月23日より全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD