川口春奈×林遣都『にがくてあまい』実写化で共演

ニュース

実写映画『にがくてあまい』配役
©小林ユミヲ/マッグガーデン・にがくてあまい製作委員会
[シネママニエラ]川口春奈と林遣都が人気コミックの実写映画化する『にがくてあまい』で共演することが発表になり、コメントを寄せた。公開は2016年の予定。

ウェブコミック誌「EDEN」から誕生した、小林ユミヲ著の食ライフラブコメ漫画がベース。料理ができず男運に恵まれない肉食系独身女・江田マキと、料理が好きなゲイの菜食主義男子・片山渚の同居生活を描く物語。

実写映画では、男に恵まれない女と、女に興味のない男。相容れない生き方をする男女が、”ありのまま”でぶつかり合う風変わりな同居生活をコミカルに描く。林のBL(ボーイズラブ)シーンもあり、幅広い世代の女性をキュンとさせる、大人のヒューマンラブコメディに仕上げるという。

川口春奈(江田マキ役)

「いろんな顔を持っていて、いろんな表情をし、ギャップのある愛されるキャラクターのマキを、丁寧に時にガサツに演じられたらいいなと思います!」

林遣都(片山渚役)

「ラブコメディという明るい観やすさの中に、愛や性、人生を食から学び考えさせられるこの漫画の素晴らしさを”映画”という形で皆さんに伝えられればと思います」

公式サイト http://nigakuteamai.com/

[amazonjs asin=”4800004993″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”にがくてあまい 11 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で