西島秀俊「心の師匠・北野武」一発芸コマネチに歓喜

映画会見/イベントレポート 東京国際映画祭

コマネチ!なビートたけし、西島秀俊と伊勢谷友介
コマネチ!なビートたけし、西島秀俊と伊勢谷友介
[シネママニエラ]俳優の西島秀俊が主演をつとめる『MOZU』プロジェクトの映画『劇場版 MOZU』のワールドプレミア完成イベントに出席し、本作で俳優として共演したビートたけし(=北野武監督)に「心の師匠」と改めて敬意を表明。たけしは、照れ隠しと盛り上げるために一発芸のコマネチポーズや北野節を惜しみなく披露。この生コマネチには一行はもちろん会場、取材陣が歓喜した。

映画『劇場版 MOZU』作品情報・予告編
西島秀俊「劇場版MOZUは命がけの撮影で見応えある」舞台あいさつレポup

本作は逢坂剛著の警察小説をベースとした映像化プロジェクトの劇場版。第28回東京国際映画祭特別招待作として10月27日に上映されることになっており、この上映前に六本木ヒルズのアリーナステージで公開イベント、そのあとで上映前の舞台あいさつをTOHOシネマズ六本木で行った。西島をはじめ香川照之、真木よう子、伊勢谷友介、松坂桃李、池松壮亮、杉咲花、ビートたけし、羽住英一郎監督がともに登壇した。

西島は、北野映画『Dolls(ドールズ)』で主演に起用されたことを「恩」として語り、本作での共演を「宝物のような時間だった」と述べると、たけしは「西島くんは人気・実力ともに日本を代表する俳優になった」と喜びを語る一方で「それなのに私に一銭もくれない不義理なやつ。10円でも20円でも病気でも、もらおうってのに」と毒舌で照れ隠し。西島は素直に受け入れて、ふたりが微笑む場面も。

『MOZU』プロジェクトを牽引している羽住監督は「本作の結末は、たけしさん扮するダルマの登場いかんで変わっていた」とし、「ダルマを演じられるのはたけしさんしかいない!と、映画化前から願望として西島くんとかと話し合っていた」と明かす。締めとなる本作も理想的なキャスティングが成立したことに満面の笑み。

しかし、たけしは「クライマックスでは本物の火で焼き豚のようにあぶられて。顔はやけどメイクだし、ハゲのかつらだし。(ダルマ役は)おれじゃなくてもいいんじゃないの?って思った。そしたら『存在感が必要だ』とか言葉にのせられて」と、おだてに弱いかのような返答をするシャイな性格を垣間見せつつ、「羽住さんは(何テイクでも)粘る。同じ映画監督として見習いたいと思った。自分は現場でいまいちだなと思っても、つい編集でなんとかなるとあきらめていた」として妥協なき羽住演出を称えていた。

羽住監督は「物語は無限ループになっている。映画のそこかしこにさまざまなヒントがある。ドラマに戻ったりしながら何度も見返してもらいたい」とプロジェクトの根底にある仕掛けに言及した。

映画『劇場版 MOZU』(東宝配給)は2015年11月7日[土]より全国東宝系でロードショー
公式サイト http://mozu-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で