映画『エイリネイト-侵略地区-』侵略者は狡猾な方法で住民の死滅を目論む



[シネママニエラ]映画『エイリネイト-侵略地区-』は見えない何かが迫りくる中で、情報が途絶されたパニックを描くSFスリラー。

映画『エイリネイト-侵略地区-』(マイケル・シャムウェイ監督)の見えない脅威
Copyright 2014 Shumway Studios LLC

侵略者は狡猾な方法で住民を死滅させようと目論む

スティーヴン・キング原作の衝撃作『ミスト』では深い霧に包まれた街で巻き起こる侵略者による怪異が不安と恐怖を増幅させたように、本作でも暗闇の中、蠢く気配は感じるがなかなか姿を現さない何かからの侵略に人々が我を失い混沌とする狂気の世界が描かれている。

監督は、野生動物の調査隊と雪男の壮絶な戦いを描いた『ビッグ・フット・ハンティング』(日本未公開)など個性的な世界観を巧みに描くマイケル・シャムウェイ。主演はアリゾナ出身の期待の若手俳優、ブレイク・ウェッブ。ブレイク演じる主人公デヴィットの最愛の妻、エイミーを演じるのは、人気海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」シリーズに出演のテイタム・ラングドン。

映画『エイリネイト-侵略地区-』あらすじ

デヴィット(ブレイク・ウェッブ)は妻エイミー(テイタム・ラングドン)と冷め切った結婚生活を送っていた。エイミーとの距離を置くためにデヴィットはデンバーに出張に出かける。そんな中、原因不明の飛行機墜落事故がアメリカ各地で連続して発生し、甚大な被害が出る。それは地球を侵略しようとする何者かによって引き起こされたものだった。侵略者は狡猾な方法で確実に住民達を始末していく。見えない脅威に逃げ惑う人々。果たして彼らの目的とは一体何なのか。
原題 ALIENATE/アメリカ映画/86分

映画『エイリネイト-侵略地区-』予告編


Copyright 2014 Shumway Studios LLC

映画『エイリネイト-侵略地区-』(ファインフィルムズ配給)は2016年2月23日[火]よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
未体験ゾーンの映画たち2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD

登録