東出昌大×窪田正孝×小松菜奈は●●マニアだった!

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]映画『ヒーローマニア-生活-』の完成ヒーロー上映会が4月20日に 新宿バルト9にて開催され、主演の東出昌大をはじめ、窪田正孝、小松菜奈、船越英一郎、片岡鶴太郎、そして豊島圭介監督が登壇。サプライズとして最強ヒーローの仮面ライダー1号が応援に駆けつけ盛り上げた。

映画『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会は一夜限りパーティナイト

漫画家・福満しげゆき著の代表作「生活【完全版】」を基に、ヘタレたちが本気でヒーローになろうと立ち上がる様を描いたアクション・エンタテインメント映画。

東出「本日はお越しいただきまして誠にありがとうごじます。(上映かいのチケットが)20分で完売したと聞いて役者冥利につきます! 皆さんに観ていただく初の機会です。楽しんでいただけたらまわりの方に薦めてください」と挨拶。

窪田は「沢山の方に来ていただきありがとうございます。(劇中衣装と同じ)赤いニット帽をかぶっている方も多くてうれしいです。出てくる人皆ヘンタイな遊び心のあるエンタテイメント作品なので楽しい時間を過ごして下さい」と呼びかけた。

そして、ダメダメなフリーター役の東出、運動神経抜群のニート役の窪田、情報収集力抜群の女子高生役の小松、若者殴り魔の異名を持つサラリーマン役の片岡、人生初のホームレス役を演じる船越が、劇中の設定にちなんで自身の●●マニアについて語った。その回答に対して、心理カウンセラーの晴香葉子さんが解説した。

豊島監督「悪女マニア」
二面性のある変身型ヒーローと診断。自己愛が強く主張するところは主張し、二面性を好むため誰にでも伸びしろを見出すので、新人を発掘する監督にはぴったり。

片岡「ヨーガマニア」
無欲なヒーローと診断。若い頃のヨガは美容など利己的な側面が大きいけれど、片岡さんのはそうではなく繋がりを求めた無欲なもの。

船越「人間マニア」
人間関係が長続きするヒーローと診断。人間に興味があるので、誰に会っても個性を見出すので付き合いが長くなる。

小松「古着マニア」
マイペースなヒーローと診断。インスピレーションが強くセンスにも自信があるからマイペースでいられる。

窪田「冷たいものマニア」
とりあえず動いてくれるヒーローと診断。自虐的なところがあり無邪気で子どもっぽい、宿題を忘れる子どもみたい。チームに一人いると突破口が開けて良い、欠かせない存在。

東出「落語マニア」
受け身なヒーローと診断、面白いとわかっているものを楽しむというのは行動的だが冒険はしない。自分の中で咀嚼するからいい返事をするけれどワンテンポ遅れていたり、適当に返事をすることもある。

映画『ヒーローマニア-生活-』(東映・日活 配給)は2016年5月7日[土]より全国公開

映画『ヒーローマニア-生活-』あらすじ

コンビニでバイトするフリーター中津(東出)は謎の身体能力を誇るニート土志田(窪田)、情報収集力抜群の女子高生カオリ(小松)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下(片岡)と出会い、町を守る自警団を結成。社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始めた。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長する。

映画『ヒーローマニア-生活-』予告編・特別映像
ヒーローマニア -生活- Blu-rayマニアック・エディションをAmazonで購入する
生活【完全版】 (KCデラックス モーニング)をAmazonで購入する
公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で