映画『永い言い訳』西川美和監督×本木雅弘主演で描く人の別れと出会い

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『永い言い訳』西川美和監督×本木雅弘主演で描く人の別れと出会い

[シネママニエラ]西川美和監督×本木雅弘主演で人の別れと出会いを描く映画『永い言い訳』の予告編が完成した。

本木雅弘と竹原ピストル、映画『永い言い訳』(西川美和監督)より
©2016「永い言い訳」製作委員会

映画『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川監督が、直木賞候補となった自らの小説を映画化! 予期せず家族を失った者たちはどのように人生を取り戻すのか。限りなく厳しくも優しい眼差しで描かれていく。

不倫相手と密会中に妻・夏子を亡くした主人公・衣笠幸夫(きぬがささちお)の慟哭。「愛なんて、生きるための「言い訳」にすぎない」という一文が印象に残り、幸夫にとって、妻・夏子にとって、「愛」とはなんだったのか?と思いをめぐらせることになる。

映画『永い言い訳』(アスミック・エース配給)は2016年10月14日[金]より全国公開

本木雅弘、映画『永い言い訳』(西川美和監督)
©2016「永い言い訳」製作委員会

映画『永い言い訳』あらすじ

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友(堀内敬子)とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会中だった幸夫は、世間に対しては悲劇の主人公を装いながら、実は涙を流すことすらできない。ある日、妻の親友の遺族――最愛の母を失った幼い兄妹とトラック運転手の父親・陽一(竹原ピストル)に出会った幸夫は、ふとした思いつきから兄妹の世話をすることにした。これまで感じたことのない生きがいに、幸福感を味わう幸夫だったが。

映画『永い言い訳』特報・予告編映像

©2016「永い言い訳」製作委員会

本木雅弘の危機?!「妻と愛人の鉢合わせ回避に安堵」
公式サイト nagai-iiwake.com
永い言い訳をAmazonで購入する
永い言い訳 [Blu-ray]をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で