猛毒エンタメが世界を席巻!映画『冷たい熱帯魚』が北米AMC35館以上で公開に!

ニュース

[シネママニエラ]映画『愛のむきだし』で全世界を震撼させた、園子温監督が世界に放つ驚異の猛毒エンタメ映画『冷たい熱帯魚』は、拡大公開中だが、ヴェネツィア国際映画祭、トロント映画祭を皮切りに、現在30か所の映画祭で正式招待され、北米、イギリス、ドイツ、フランス、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ベルギー、香港など海外での公開が続々決定。

なおかつ、配給会社「The Collective」、興行会社「AMC」、そしてホラー映画専門サイト「Bloody-Disgusting.com」の3社が『ブラッディ・ディスガスティング・セレクト/Bloody Disgusting Select』という映画配給パートナーシップを組むことを発表。そのリリース第1弾の3作品に、日本映画で唯一『冷たい熱帯魚』が選ばれた、と配給会社が発表しました。

映画『冷たい熱帯魚』ストーリー
小さな熱帯魚店を営む社本(吹越満)の家庭は、娘・美津子と若い後妻・妙子の確執から、不況和音を奏でていた。ある日、社本は娘の万引き事件を助けてくれた愛想の良い村田(でんでん)と、その妖艶な妻・愛子と知り合う。村田の高級熱帯魚の輸入を手伝うことになった社本は、想像を絶する破滅へと導かれていく…。

北米ではホラージャンルとなる本作に「AMC」のNikkole Denson Randolph氏は「大きい都市のAMCの劇場ではホラー映画はとても人気ですが、これまで良質の作品を定期的に提供することができませんでした。私達は観客に、この革新的なシリーズをお届けできることを嬉しく思います。観客は毎月新作を見る事を心待ちにし、劇場に足を運んでくれると信じています」と語った。

これによりアメリカ及びカナダに361館の劇場を所有する、興行最大手のAMCで35館以上での大規模公開となる『冷たい熱帯魚』は、新たなクール・ジャパンの旗手となるか!? 期待したい。

配給=日活
公式サイト http://www.coldfish.jp/
©NIKKATSU

[amazonjs asin=”B004WI29ZA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”冷たい熱帯魚 DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で