銭湯「幸の湯」の前に並ぶお父ちゃん(オダギリ)の姿、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(中野量太監督)より

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』宮沢りえが銭湯「幸の湯」で仁王立ち!

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ティザービジュアル
© 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
[シネママニエラ]女優の宮沢りえが脚本を読み、「心が沸かされた」と出演を決めた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は、自主制作映画『チチを撮りに』が、ベルリン国際映画祭他、国内外10を超える映画祭で絶賛された、中野量太監督の待望の商業デビュー作。

会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つお母ちゃん=双葉役に宮沢。その娘、安澄を演じるのは、今もっとも注目の実力派若手女優・杉咲花。頼りないけどなぜか憎めないお父ちゃんを演じるのは、オダギリジョー。旅先で双葉と出会い、彼女の母性に触れ人生を見つめ直していく青年・拓海役に松坂桃李。そして篠原ゆき子、駿河太郎、オーディションで選ばれた驚きの新人子役・伊東蒼が参加する。

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』あらすじ

私には、死ぬまでにするべきことがある。銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる…母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。
(2016年/日本映画/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/125分)

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編・メイキング映像・特報


© 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(クロックワークス配給)は2016年10月29日[土]より新宿バルト9ほか全国公開
公式サイト http://atsui-ai.com/

【関連記事】
<宮沢りえ>主演映画の成功を願い監督に発破をかける

2016年04月27日 掲載
2016年05月08日 更新[特報映像]
2016年08月10日 更新[予告編映像]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で