<関ジャニ∞大倉忠義vs.D-BOYS志尊淳>映画『疾風ロンド』会見で判明?!

映画会見/イベントレポート

志尊淳(D-BOYS)、映画『疾風ロンド』クランクアップ会見にて
志尊淳(D-BOYS)
[シネママニエラ]俳優の阿部寛主演の映画『疾風ロンド』のクランクアップ会見が6月6日、都内のホテルで行われ、関ジャニ∞の大倉忠義は監督から「ジャニーズの良さを出して」と言われたことを振り返り、「ジャニーズとしてD-BOYSには負けてはいけない」と奮起していたのだと、志尊へのライバル心を明かした。

映画『疾風ロンド』雪男の<阿部寛>に対し上から目線で物言い!

この日の会見には阿部をはじめ、大倉、大島優子、濱田龍臣、志尊、そして吉田照幸監督が出席。本作は東野圭吾著のサスペンス小説を基に、国民を人質とする身代金要求事件に対し、その要因となる「盗まれた生物兵器」を探すべく、スキー場を舞台に展開していく爽快なアクションコメディ作。濱田は「後半で180度印象が変わる」と期待を煽ってみせる。また、野沢温泉のロケ撮影では「地元の方々の多大なご協力のおかげでスケールの大きな作品につながった」と監督は改めて感謝を伝えた。

実はコミカルな描写も本作の見どころのひとつであり、「コントの血が騒ぐ」と監督が話すように、特に阿部の豊かな顔芸?!には、「笑いをこらえるのが大変でした(大倉)」や「顔を見るだけで笑ってしまって(志尊)」と共演者たちは大絶賛。監督も「阿部さんは幅広いお芝居をされるが、真面目・コミカル・サスペンスが融合している作品は本作のみ!」と声を大にする。

そして、大倉と志尊に求められたのはカッコ良さ。「振り向く大倉くんがカッコイイので、当人は気付いていないかもしれないが振り向くショットをたくさん撮った」と監督が語れば、大倉は「普段オートバイに乗っているので(撮影のスノーモービルは)難しくなく、気持ちいい顔をしないように気を付けた」と言い、監督の指示は所属事務所の「ジャニーズの良さを出して」もあったそう。また、志尊については「何をしてもカッコイイので、メイキング撮影では隣に立たないようにしていた」と監督が吐露する一幕も。

その流れから、大倉は「(会見の並び位置の)隣にD-BOYSがいるので、撮影中はジャニーズ対D-BOYSという戦いに負けないように頑張りました!」と笑顔で語りつつも、大島から「大倉さんは、エキストラの方に『俺が上手に見えるように下手に滑ってくれない?』と頼んでたのを聞いちゃいました」という暴露が。大倉はスキー場のレスキュー隊員で元プロという設定だけに、「エキストラさんは大会出場者なので、8の字に滑べるだけでもかっこいいんです。僕はこれまで2度しかスキーをしたことがないので、不安で。大丈夫だったんでしょうか」と正直に心情を語ると、監督はすかさず「大丈夫です!」ときっぱり。大倉は安堵し笑みを浮かべた。

映画『疾風ロンド』あらすじ

雪積もる日本最大級のスキーリゾート地に、医科学研究所から盗まれた生物兵器「K-55」は埋められた。犯人の要求は3億円、人質は全国民。タイムリミットは4日。秘密裏に回収を命ぜられたのは研究所の主任研究員だった!

映画『疾風ロンド』(東映配給)は2016年11月26日より全国公開
公式サイト http://www.shippu-rondo-movie.jp/

[amazonjs asin=”4408551481″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”疾風ロンド (実業之日本社文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で