『ブリジット・ジョーンズの日記』トレードマークの“日記帳”が“iPad”へ進化

ニュース

[シネママニエラ]オスカー女優のレニー・ゼルウィガーが主演をつとめる『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(原題 Bridget Jones’s Baby )が2016年10月より日本公開となることがわかった。

『ブリジット・ジョーンズの日記』トレードマークの“日記帳”が“iPad”へ進化
ブリジット役のレニー・ゼルウィガー、ブリジットの手にiPad?!
©Universal Studios.

一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作から11年。英国作家ヘレン・フィールディング著の小説をベースに、崖っぷちアラサー女子のブリジット・ジョーンズのキャリアと恋を描き、多くの女性から共感を得てきた。前作に引き続き、主人公ブリジット役のレニー・ゼルウィガーと、恋のお相手ダーシー役にはアカデミー賞俳優のコリン・ファース。ダーシーの恋のライバル・ジャック役にパトリック・デンプシーが加わる。監督はシリーズ第1弾の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』(原題 Bridget Jones’s Diary )のシャロン・マグアイア。

トレードマークになっていた“日記帳”が“iPad”へと進化している模様!

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』あらすじあらすじ

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。彼女が愛した男、ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚。しかし今やテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットにハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が。
(原題 Bridget Jones’s Baby(2016)IMDb /イギリス、フランス、アイルランド、アメリカ映画/分)

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(東宝東和配給)は2016年10月より全国公開

公式サイト http://bridget-jones.jp/
映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』予告編
敏腕弁護士キアヌ・リーヴス 映画『砂上の法廷』で絶対不利な裁判に
“英国で1番魅力的な男性”コリン・ファースは日本の高級珍味がお好き!
シャーリーズ・セロンが映画『ヤング≒アダルト』で37歳現実逃避系のイタい女に!
吉高由里子、映画『婚前特急』では男の野獣性を引き出す魔性の女に!

[amazonjs asin=”4041019214″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブリジット・ジョーンズの日記 恋に仕事に子育てにてんやわんやの12か月 (上) (角川文庫)”]

2016年06月15日 掲載 
2016年08月17日 更新[予告編動画|公式サイト]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で