<トム・クルーズ×エドワード・ズウィック>再タッグ映画『ジャック・リーチャー』11月公開!予告編も到着

ニュース フォトギャラリー 映画作品情報

[シネママニエラ]俳優のトム・クルーズが、映画『ラストサムライ』で監督を務めたエドワード・ズウィックと再タッグを組んだサスペンス・アクション映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(原題 Jack Reacher: Never Go Back )の日本公開日が決定し予告編動画も到着した。

<トム・クルーズ×エドワード・ズウィック>再タッグ映画『ジャック・リーチャー』11月公開!予告編も到着
トム・クルーズ危機一髪?!、映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(エドワード・ズウィック監督) ©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

主演のトム・クルーズが演じるのは元米軍エリート秘密捜査官にして、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼ジャック・リーチャー。前作は映画『アウトロー』(原題 Jack Reacher )の邦題にて日本公開された。

共演陣には『アベンジャーズ』シリーズのマリア・ヒル役女優コビー・スマルダース、海外ドラマシリーズ『HEROES』マリナ役の女優ダニカ・ヤロシュ、海外ドラマシリーズ『プリズン・ブレイク』死刑囚ティーバッグ役の俳優ロバート・ネッパーなどがいる。

CGやスタントは一切なし、トム・クルーズが自ら挑んだ生身のド迫力アクションが見所のひとつであった前作に続いて、今回到着した映像内でもトム・クルーズのアクションが炸裂しているのでご覧ください。

ダイナーからケンカの通報があり、保安官たちが現場に駆けつけると、何人もの男たちが倒れていた。ジャック・リーチャーと名乗る男が一人で倒した様子。彼は手錠をかけられ、連行されそうになるものの「90秒以内に2つのことが起きる」と予言。「まず 電話が鳴る」「次に この手錠は あんたの手に」と聞き、鼻で笑う保安官。しかしリーチャーの言う通りになっていく。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』あらすじ

元米軍エリート秘密捜査官にして、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャー。ケンカに巻き込まれ保安官に連行されそうになるが、まるで彼は仕組まれた騒ぎだと知っていたかのよう。元同僚のターナー少佐と再会するため、かつて所属していた米軍を訪れると彼女がスパイの嫌疑で逮捕されている。何かの間違いだ、ありえないと助け出して、彼女と真相を追及していくリーチャーは、軍内部の不審な動きに気付く。彼が追いついた真実とは?
原題 Jack Reacher: Never Go Back (2016)IMDb /アメリカ映画/118分)

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』予告編#1

©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(東和ピクチャーズ配給)は2016年11月11日[金]より全国公開

トム・クルーズ「ジャック・リーチャーが大好きだ」
<トム・クルーズ>自身のがちスタントを熱弁!
10月6日=トムの日 新キャラ『アウトロー』ジャック・リーチャー解禁
公式サイト jackreacher.jp
アウトロー Blu-rayをAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で