ジョニー・デップの生ウインクにファン悶絶!

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

来日中の俳優ジョニー・デップが6月20日、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(原題 Pirates of the Caribbean: Dead men tell no tales )の夏祭りプレミアに出席。一流俳優の違いを見せつけたのは、ジョニーのウインク。その色気に多くのファンが悶絶!

ジョニー・デップの生ウインクにファン悶絶!
ウインクするジョニー・デップ

常々「今の自分があるのはファンのおかげ」と語るジョニーは、この場内に多数いるジャック・スパロウ姿のコスプレに触れ、「僕のジャック役は引退する! そして君たちに交代してもらおう!・・・いや続編は100人のジャックが登場する物語にしようか。その中に僕も混ぜてもらうよ」と発し、場を盛り上げた。

大きく手を振りステージに登場するジョニー

ジャパンプレミアでは、「毎回工夫をこらしてくれるので楽しんでいる。熱意が感じられる。歓迎ぶりが特別な場所」と感謝を述べる。そして当たり役であるジャック・スパロウの魅力として、「漫画のようなキャラクターであり、実在するのか信じがたい面もある。予想外の行動をとるので飽きることがない」と語った。

ジャックの魅力として、「漫画のようなキャラクターであり、実在するのか信じがたい面もある。予想外の行動をとるので飽きることがない」
ジャック役は「飽きることがない」

ルールがないジャック・スパロウを地でいくように、このプレミアでも終始、自由にふるまうジョニーに会場は大爆笑! 日本語で「コニチハ(こんにちは)!」と述べたあと、照れくさそうに「意味は知らないけど日本語を使ってみた」とおどけるジョニー。「コニチハ」と連呼しまくり、会場を笑いでジャック。唐突に「(今から一緒に)ご飯にいこう!」とサービス精神を発揮した。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』あらすじ

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る、最恐の敵である海の死神・サラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ。最後の海賊のみが見つけ出せる伝説の秘宝・ポセイドンの槍の入手。そのためにジャックはウィルの息子・ヘンリーと女性天文学者カリーナと旅立つ!

こちらのフォトギャラリーは追って掲載します。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(ウォルト・ディズニー・ジャパン配給)は2017年7月1日[土]より全国公開
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

【関連記事】
海賊ジョニー・デップ来日、夏祭り×YOSAKOI(よさこい)にゴキゲン!
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』最新情報
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ロサンゼルス×パリ現地プレミアレポート
ジョニー・デップさんの記事
予告編で観る!今週の映画ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で