『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』海外予告編で内容をさぐる?!

ニュース 映画予告編
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
© 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation

[シネママニエラ]映画『猿の惑星』シリーズの“起源”が描かれる、前章譚ムービー『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の日本公開が、10月7日に決定した。

そこで『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』海外予告編で内容をさぐって?!みようと思う。主演は、本年度のアカデミー賞の司会を務めた、映画『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』なので知られる最も旬な俳優ジェームズ・フランコ。 共演はオスカー映画『スラムドッグ$ミリオネア』で一躍脚光を浴びた女優フリーダ・ピント。

監督は英国出身の気鋭、ルパート・ワイアット。そしてなんといっても、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラム、『キング・コング』のコングなど様々な役を務めた、アンディ・サーキスが演じる“猿”に注目したいところ。

映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』あらすじ

現代のサンフランシスコ。遺伝子エンジニアリングのウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、父親を救うために開発していたアルツハイマーの治療薬を赤ちゃんチンパンジーに投与。すると、シーザー(アンディ・サーキス)だけが、急速な進化を遂げてしまう。

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』海外予告編

『アバター』の革新的な映像で世界中を震撼させたウェタ・デジタルが、更なる技術を見せつけてくれることだろう。

原題=RISE OF THE PLANET OF THE APES
日本公開=2011年10月7日
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト http://www.saruwaku.jp/
©2011 Twentieth Century Fox Film Corporation.

[amazonjs asin=”B0083RQGNC” locale=”JP” title=”猿の惑星:創世記(ジェネシス) Blu-ray”]

2011年06月06日 掲載
2011年06月20日 更新[画像追加]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で