名曲「ドン・ジョヴァンニ」誕生に秘められたモーツァルトの愛憎劇

ニュース 映画作品情報

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(原題 Interlude in Prague )は世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念した本格的モーツァルト映画。物語は、名曲「ドン・ジョヴァンニ」誕生に秘められたモーツァルトの愛憎劇になっている。

名曲「ドン・ジョヴァンニ」誕生に秘められたモーツァルトの愛憎劇 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(原題 Interlude in Prague )
名曲「ドン・ジョヴァンニ」誕生に秘められたモーツァルトの愛憎劇 ©TRIO IN PRAGUE 2016

モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品だ。主演には、『ダンケルク』で若き陸軍兵士を好演したアナイリン・バーナード。悲運の歌姫スザンナ役にモーフィッド・クラーク、悪名高きサロカ男爵を名優ジェームズ・ピュアフォイ、舞台&映画『レ・ミゼラブル』で注目を集めたサマンサ・バークスなど、多才な顔ぶれが物語を彩る。さらに、衣装デザイナーとしてアカデミー賞を受賞し、オペラの舞台美術も手掛けるルチャーナ・アリギが、18世紀の華麗なる衣装と荘厳なるプラハの街並みを余すことなく再現する。

この度解禁されたのは、“百塔の都”プラハの上流階級を舞台に、恋と陰謀のストーリーが交差するスリリングな予告編映像だ。オペラ「フィガロの結婚」によって一世を風靡し、劇場のパトロンであるサロカ男爵によって、プラハへと呼び寄せられた天才音楽家モーツァルト。「フィガロの結婚」のプラハ公演のため抜擢された、美貌の新進歌手スザンナと出会い、二人は急速に距離を縮めていく。ところが、黒い噂の絶えないサロカ男爵もまたスザンナを狙っていた。突如、スザンナから、サロカ男爵によって婚約を迫られていることを打ち明けられ、モーツァルトは婚約破棄を求めるが、スザンナの父からは「貧しい作曲家のくせに」と一蹴されてしまう。許されざる愛を育む二人に、嫉妬心を滾らせるサロカ男爵が仕掛けた恐ろしい罠とは。

映像には、モーツァルトがプラハで実際に楽しんだという仮面舞踏会シーンや、プラハ市立フィルハーモニー管弦楽団演奏による「ドン・ジョヴァンニ」の華麗なオペラも盛り込まれ、壮大な歴史ロマン音楽ドラマの誕生を予感させる仕上がり!

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』あらすじ

1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく。(2016年/チェコ、イギリス合作映画/カラー/シネマスコープ/5.1ch/103分)
監督 ジョン・スティーブンソン |出演 アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告編

©TRIO IN PRAGUE 2016

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(熱帯美術館 配給)は2017年12月2日[土]よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開
映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

【関連記事】
名曲「キセキ」誕生を映画化!『キセキ -あの日のソビト-』
映画『ブルーに生まれついて』チェット・ベイカーの愛と孤独を表現

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で