映画『婚約者の友人』(原題 FRANTZ )はフランソワ・オゾン版『私の殺した男』



© 2015 MANDARIN PRODUCTION–X FILME–MARS FILMS–FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU

第73回ヴェネツィア国際映画祭正式出品マルチェロ・マストロヤンニ賞受賞したフランソワ・オゾン監督最新作は、モノクロ✕カラーの映像美、頭脳と心を揺さぶる極上の謎解き。原案はエルンスト・ルビッチ『私の殺した男』。1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。アンナは婚約者のフランツの墓前で、見知らぬ男が花を手向けて泣いていた。
(原題 FRANTZ )

映画『婚約者の友人』(原題 FRANTZ )はフランソワ・オゾン版『私の殺した男』
© 2015 MANDARIN PRODUCTION–X FILME–MARS FILMS–FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU

アドリアン役には、日本でも大ヒットした『イヴ・サンローラン』でセザール賞を受賞、フランスの若手俳優の中でも突出した存在のピエール・ニネ。アンナ役には、オーディションでオゾンに選ばれたドイツ人のパウラ・ベーア。本作でヴェネツィア国際映画祭における新人俳優賞であるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝き、セザール賞にノミネートされた。

本作はかつてエルンスト・ルビッチが『私の殺した男』として映画化したモーリス・ロスタンの戯曲を大胆に翻案したオリジナルの物語。オゾン監督は本作で初めてモノクロに挑戦。20世紀初頭のムードをモノクロで表しつつ、時折織り交ぜられるカラーの場面が映画の美しさを高め、謎を深めていく。フランツの友人というアドリアンの正体とは?アドリアンとフランツとはどのような関係だったのか?――ひとつの嘘を見破るたびに人生の真実へと近づいていく。

映画『婚約者の友人』あらすじ

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった。(2016年/フランス・ドイツ映画/仏語・独語/シネマスコープ/モノクロ・カラー/5.1ch/113分 字幕翻訳 丸山垂穂)
監督・脚本 フランソワ・オゾン |出演 ピエール・ニネ、パウラ・ベーア

映画『婚約者の友人』(ロングライド配給)は2017年10月21日[土]よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
映画『婚約者の友人』公式サイト

フランソワ・オゾン、『しあわせの雨傘』を語る
ピエール・ニネ初来日!『イヴ・サンローラン』の魅力
映画『マイ・ファニー・レディ』ナッツにリスをあげたっていいじゃないか?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD