キルギスの名匠が映画『馬を放つ』に込めたメッセージとは?

ニュース 映画作品情報

現代を生きる我々が手に入れ、そして失ってしまったものとは何なのか。キルギスの名匠アクタン・アリム・クバト監督の最新作『馬を放つ』(原題 Centaur )は、純粋なひとりの男の姿を通して、未来へ向けて普遍的メッセージを投げかける。

キルギスの名匠が映画『馬を放つ』に込めたメッセージとは?
キルギスの名匠が映画『馬を放つ』に込めたメッセージとは?

“シルクロード”の拠点として栄えた中央アジアのキルギス・その広大な大地、そびえ立つ山々、それに村人たちが纏う異国情緒溢れる民族衣装など監督がこだわった映像美が次々に映し出される。

豊かな大地を馬で駆け、自然の恵みを受けてきたキルギスの民。遊牧民を祖先にもつ彼らの間には、馬と人間を結び付け、村人たちを団結させてきた伝説が息づいていた。しかし、時は流れ、暮らしは変わり、人々の記憶から伝説は消えようとしていたが、ケンタウロスだけは伝説をある理由から強く信じているのだった。

岩波ホール創立50周年記念作品第2弾!
映画『馬を放つ』(ビターズ・エンド配給)は2018年3月17日[土]より岩波ホールほか全国順次公開

映画『馬を放つ』あらすじ・データ

キルギスのある村。村人たちから”ケンタウロス”と呼ばれている物静かで穏やかな男は、妻と息子の3人でつつましく暮らしていた。しかし、そんな彼には秘密があった。キルギスに古くから伝わる伝説を信じ、夜な夜な馬を盗んでは野に放っていたのだった。馬泥棒の存在は村で次第に問題となり犯人を捕まえる為の罠が仕掛けられる。(2017年/キルギス、フランス、ドイツ、オランダ、日本映画/89分)
監督・脚本・主演 アクタン・アリム・クバト |出演 ヌラリー・トゥルサンコジョフ、ザレマ・アサナリヴァ

映画『馬を放つ』予告編

映画『馬を放つ』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
第18回東京フィルメックス「今と向き合う、特別な力を持つ映画たち」がテーマ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で